読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

TOEIC出題形式変更!内容から対策までを徹底解説!

スポンサーリンク

2016年12月16日更新

TOEICの問題形式が2016年5月度の試験より変更になりました。
これまで、多くの方にTOEIC関連の記事を読んでいただきましたが、変更に伴い改訂いたしました。

【関連記事】僕がTOEIC900点の壁を越えた勉強法を徹底解説!

【関連記事】僕が半年足らずでTOEIC500点代から840点に上げた勉強法を徹底解説します

さて、

『TOEICの問題が変わってどうなるの?』

公式情報を元に検証していきたいと思います。

先に結論だけ言うと、勉強方法を大きく変える必要はないですが『読解スピードの向上と、より実践的な英語力が必要』となってきます。 

TOEIC公式サイトでは、

TOEICテストの全体的なクオリティや難易度、テストの実施方法にも変更はありません。

となってますが、果たして…
それでは、TOEIC出題形式の変更内容と、その影響、対策について解説します!

【目次】

 TOEIC出題形式 変更内容まとめ

f:id:salawab:20151216214643j:plain

昨年、TOEIC公式サイトで以下のプレスリリースがありました。

TOEIC|プレスリリース|2015年度|ETSは、TOEICテストの出題形式を2016年5月に変更します

まず、この記事に沿って、変更点の概要と各問題の内容を振り返ります。

 

リスニングパートの変更点

f:id:salawab:20151216183753j:plain

【Part 1】写真描写問題 10問→6問に削減

写真に対して4つの英文が流れ、最も最適な描写をしている1文を当てる問題です。
聞く英文が短く、難易度が低いため、初心者にとっては痛い変更です。
しかし、上級者にとっては万々歳ではないでしょうか。理由は後ほど。

 

【Part 2】応答問題 30問→25問に削減

【例題】Why did you move the old files to new external hard disk drive ?
ー (A) My laptop clashed.
(B正解) I just followed the instruction from my supervisor.
ー (C) To make my afffiliate ads more profitable.

といった問題のように、英語の質問(疑問文じゃないことも)に対する、最適な答えを導く問題です。
Part 1とPart 2は、重要単語のみに集中するなど、”コツ”で、ある程度得点できる部分です。
こちらも、初心者の得点源なので悲鳴が聞こえてきそうですね。

 

【Part 3】 会話問題 30問→39問に増加!&3人会話追加!

一番大きく変わったのはPart 3です。
これまでは2人の会話文に対し、最適な描写を当てる問題でした。
Part 3では問題数が増え、会話が3人になる問題も出現します。
さらに、省略形(going to → gonna)の使用など、より実際の会話に近い問題になります。口語表現が増えるということですね。
英単語や会話の内容が難化するわけではないですが、 TOEICのための勉強しかしていない人はキツイでしょう。 

 

【Part 4】 説明文問題 変更なし

英語の文章を聞いて、それに対する問題が出題されます。
変更点は示されてないですが、こちらも、口語表現が使われる前提で勉強しましょう。

 

リーディングパートの変更点

f:id:salawab:20151216183843j:plain

【Part 5】短文穴埋め問題 40問→30問に削減

【例題】I went to the restaurant (-----) the most popular blogger recommended.
ー(A) where
ー(B) to which
(C正解) that
ー(D) what

語彙や英文法の問題を中心とした短文穴埋め問題(例題は過去記事から引用)です。
こちらもリーディングセクションでは得点源にしてる人も多いですが、10問削減となりました。

 

【Part 6】長文穴埋め問題 12問→16問に増加!&文章で穴埋め追加!

実はPart 6が穴になります。
Part 5の穴埋めが長文になっただけのパートですが、注意点は穴埋めに単語・熟語ではなくフレーズを使う問題が追加されるということ。
より読解力と読解スピードが問われますね。
穴埋め前後の文脈だけではなく、文章全体を捉える読解力が必要となってきます。

 

【Part 7】 文章読解問題 48問→54問に増加3文章問題が追加!

問題数の増加に加え、トリプルパッセージの問題が出現します。
読解力がこれまで以上に問われるということですね。
Part 6とPart 7は確実に難化です。 

 

問題形式変更の影響と対策、参考書など

f:id:salawab:20160105235112j:plain

この項では、問題形式変更による影響を考察していきます。

簡単に言うと『難化』

全体的な難易度に変更はないとありますが、正直『難化』ですよね。
各セクションの最初のパートの問題数が削減され、長文系の問題数が増えます。
”正答率”を維持するためには、これまで以上の集中力、読解力が必要となりますね。

ただし、TOEICは正答率がそのままスコアになるのではなく、試験毎に受験者の正答率が統計処理されます。
試験の難易度や、受験者の平均レベルが補正されますので、同じレベルの人が受験すれば、誤差範囲内で同等のスコアになる”はず”です。 

つまり、難しくはなるものの、スコアはあまり変わらないはず。
さて、痛い目を見るのは誰でしょうか…?

 

一番困るのは”TOEICだけ”勉強してる人

問題形式の変更によって、スコアが低下するのは、

『TOEICのための勉強しかしていない人』

です。

今回の出題形式変更を『上級者は万々歳』と言いました。
というのも、ある程度英語力がある人は、長文の方がスコアを取りやすいはずです。

Part 1や Part 2だと、1単語聞き逃したら終わりなんてこともあります。
TOEICの英語が聞き取れないことはほぼ無いのですが、少し集中力がかけるだけで致命症…
しかし、長文だと全体を理解すれば大体解けるので、少し意識が飛んでもなんとかなるんですw

しかし、就活等で急にTOEICスコアが必要になった人は…

  • TOEICに出てくる英単語、英熟語だけを覚え…
  • TOEICに頻出の英文法だけ押さえ…
  • リスニング能力ではなく、”コツ”で回答し、
  • TOEICの綺麗な会話文のリスニングしか出来ず…
  • 旧TOEICの時間感覚を体に染み込ませている… 

こういう付け焼刃の英語力で、TOEICのスコアを取っている人は、痛い目を見るでしょう。
旧形式の問題数、問題形式、英会話でしか勝負できない勉強をしているからです。
TOEICだけ頑張る『なんちゃってガチ勢』ですね。
スコア獲得だけが目的である、TOEIC600〜800の中級者に非常に多いです。
このタイプだと、問題数や問題形式の変更は大ダメージでしょう。

逆に、TOEIC800を超えてくると、さすがに付け焼刃の英語力では難しくなります。
今回の形式変更も、ある程度対応できると思いますので、”ソーシャルゲームのアップデート”ぐらいの感覚ではないでしょうか?
新しい参考書を1つ買えば問題ないでしょう。

 

新TOEIC対策と勉強法、参考書

実践的なリスニング能力

f:id:salawab:20151216230115j:plain

リスニングに関しては、特に勉強法を変える必要は無いと思います。
"短縮語や口語表現が使われる"とありますが、旧形式のTOEICでも、会話文に口語表現はちょいちょい登場していますからね。
単語だけで解答を推測するような”コツ”ではなく、しっかりリスニング能力をトレーニングしている人は、問題ありません。

ただし、『慣れ』という意味では、最新のテキストを使用する方が良いでしょう。
新形式対応のTOEIC公式テキストが発売されていますのでおすすめです。
僕も問題集は公式テキスト中心です。

その他のテキストも新形式対応の問題集に置き換わっています。

【関連記事】新TOEICを完全対策!新発売のおすすめ問題集、参考書徹底レビュー!【新形式対応】

 

時間感覚の修正

f:id:salawab:20151216183756j:plain

時間感覚は、TOEICのリーディングパートでは必須です。
僕は基本的に、5分残して解くようにしてます。

  • Part 5と6は、25秒/問
  • Part 7は、1分/問

の計算です。
旧形式だと70分(四捨五入)ですが、新形式だと73分になります。
思ったより変わらないですが、少しタイトになります。
速読能力をつけるか、Part5を20秒/問で解くよう意識していきましょう。

 

読解スピードの向上

f:id:salawab:20160201184959j:plain

長文問題数の増加、および”3つの文書”が出ることを考慮すれば、時間内に読む文書量は確実に多くなります。
長文読解が苦手な人は力を入れて勉強していきましょう。
逆に長文の方が得意な人はラッキーですね。
英文法や単語の難易度は変わらないため、これまで通りの参考書で問題ありません。

 

おわりに

TOEICの始まりは1979年、問題形式が変わったのが2006年ですから、10年ぶりの問題形式変更です。

『TOEICで英語力が測れるのか?』

昔からの課題でした。確かに『改善』にはなると思います。
少しずつTOEICの価値を向上していかないといけませんもんね。
『実践的な英語力との乖離』『初心者向けのテスト』を両立するのは難しいかもしれません。 

今でもTOEICのスコアが様々な場所で使われるのは事実です。
受験を考えている人は、しっかりと対策していきましょう!

【英語の関連記事はコチラ】