【中上級向け】英語力強化に最適なYouTubeチャンネル厳選5選【目的別】

スポンサーリンク

英語を勉強したいけど、スマホやYouTubeをダラダラ見てしまって全然はかどらない…そんな経験ないですか?
できれば、どこかのリスニング教材みたいに聞き流したり、それこそダラダラYouTubeを見るだけで英語力を上げていきたいと考えているかもしれません。

筆者の会社でも会議はほとんど英語で行われるため、リスニング力アップは不可欠!
英語×YouTubeというと、子供向けや簡単な英会話チャンネルをイメージされるかもしれませんが、YouTubeはビジネス英語の強化にも最適です。
この記事ではネイティブスピーカーのチャンネルに絞り、中上級者の英語力アップ向けにオススメのYouTubeチャンネルを厳選して紹介していきます!

スポンサーリンク

YouTubeで英語学習するメリット

ほぼスマホ依存症の私としては、スマホを触っている流れで英語学習できるというのが一番大きなメリット。
スマホを置いて、机に向かって、テキストを開いて…と、いちいち高いハードルを感じる人が”勉強を続ける”には、いかに勉強を開始するまでのハードルを下げるかがポイントです。
何かしらモチベーションがある人は、一度始めてしまえば作業興奮でどんどん進められます。
YouTube巡回の流れで英語学習に繋げられるのは『ハードルを下げる』という意味ではベスト!

また、字幕機能によって自分のレベルに合わせて勉強できるのもポイントです。
上級者は字幕なし、中級者は日本語字幕や英語字幕ありなど、難易度を選べるのはYouTubeのメリットです。

特にこの記事でも紹介しているTED talksでは翻訳も充実しており、多言語に対応しています。
他にも速度調整(0.25〜2倍まで)できたり、自分のレベルに合わせて動画をカスタマイズできるのが YouTubeの大きなメリットですね!

 

スポンサーリンク

英語学習におすすめのYoutubeチャンネルまとめ

TED talks|英語学習動画の定番!豊富なテーマもGOOD!

  • 更新頻度:週に3〜5本ほど
  • レベル:難しい(TOEIC750〜)
  • 字幕対応:あり(多言語対応)
  • 内容:プレゼンテーション形式(5〜20分)
  • テーマ:学問からビジネス、エンタメまで

動画で英語学習というと誰もが思い浮かべるTED  talks。
上の動画は、その中でも再生数の多い『Do schools kill creativity? | Sir Ken Robinson(邦題:学校教育は創造性を殺してしまっている)』というタイトル。
YouTubeでも1,700万再生(2019.1時点)されています。

プレゼンターが聴衆に話しかけるスタイルのため、少し雑音や拍手、歓声なども聞こえてきます。
普段テキストCDのキレイな音声しか聴かない人は新鮮かもしれません。リアルに慣れるという意味でも最適ですね。電話会議やスカイプではもっと聴き取りづらいですから。
TOEICレベルははるかに超えているため、留学前の学生や仕事で英語を使う中上級者にオススメ。
また、TOEFL対策にも最適の教材になるでしょう。

動画自体は5〜20分ほどと、通勤や少しの休憩時間でもちょうど良い長さ。私は家で休んでいるときにYouTubeを開いてかけ流していることも多いです。
英語力に自信のない人、語彙についていけない人は、再生リスト(配信者が作る動画カテゴリリスト)から自分の得意なジャンルを選んで聴いてみるのがオススメ!
扱うジャンルは多岐に渡り、色々な分野でユニークなアイデア、実績を持つプレゼンターがスピーチしています。飽きが来ないのもGOOD!
字幕も多言語に対応しており、まさにリスニング強化に最適のYouTube教材です。

TED talksのYouTube公式チャンネルはこちら(http://www.youtube.com/TEDtalksDirector
運営団体TEDのホームページ(http://www.ted.com)でも並行して動画配信されています。

 

BBC leaning English|BBC直系チャンネルでイギリス英語トレーニング!

  • 更新頻度:ほぼ毎日
  • レベル:少し難しい(TOEIC700〜)
  • 字幕対応:あり(英語のみ)
  • 内容:静止画での音声教材
  • テーマ:日常から時事問題、発音矯正・語彙まで

BBC(British Broadcasting Corporation)はイギリスの公的放送局(日本でいうNHK)。
BBCニュースはよく上級向けの英語教材に用いられますが、BBC Learning Englishは世界中の人に英語を教えるために作られた歴史ある(ルーツは1943〜)メディアです。
『イギリス英語が苦手』という人は多いですが、ビジネスで必要なのはアメリカ英語だけではありません。しっかりと克服しておきたいですね。

再生リストをざっと見てみると、

  • Improve your vocabulary(語彙力強化)
  • Improve your grammer(英文法強化)
  • Improve your pronunciation(発音強化)
  • Learn English with the News(ニュースで英語学習)

など、目的に合わせて動画がカテゴライズされているのが素晴らしい!
TEDよりも『英語学習』にフォーカスしたコンテンツになっており、音声はややスピーディですが、ハキハキとした発音で聴き取りやすいです。英語字幕にも対応しています。

BBC Learning EnglishのYouTube公式チャンネルはこちら(https://www.youtube.com/user/bbclearningenglish/featured

 

EnglishClass101|リアルで使える英文法とリスニング強化を両立!

  • 更新頻度:週に3〜5本ほど
  • レベル:普通(TOEIC600〜)
  • 字幕対応:あり(英語、スペイン語)
  • 内容:プレゼンテーション形式
  • テーマ:英文法

YouTubeで英語学習といってもリスニング力強化だけではありません。
EnglishClass101はネイティブ教師がリアルで使える英文法を解説してくれるチャンネルです。
それこそ『”How are you?”の自然な返しは?』という基本的なところから実用的な英文法まで教えてくれます。

メイン講師のAlishaが話す英語は、ネイティブスピードに近いものの、聴き取りやすい発音と語彙選びが特徴。字幕にも対応しています。
TOEIC600レベルのリスニング力があればある程度聴き取れると思いますが、内容はビジネスマンにとっても実用的!英会話のバリエーションも増やせます。

EnglishClass101のYouTube公式チャンネルはこちら(https://www.youtube.com/user/ENGLISHCLASS101/featured

 

CNN|ニュース教材の最高峰!リスニング強化の締めに

  • 更新頻度:1日数本
  • レベル:上級(ネイティブレベル)
  • 字幕対応:なし
  • 内容:ニュース形式
  • テーマ:アメリカ時事、国際情勢など

語彙も発音も容赦なし!リアルなアメリカ英語をマスターしたい人はCNNでトレーニング!
ちなみに私はCNNの英語版テキストを2ヶ月に1冊買っています。こちらは英語学習向けにピックアップされた音声が使われており、比較的聴き取りやすいですが、それでもハード…
アナウンサーの一方通行だけではなく、パナリストのディスカッションや要人インタビューなど、生の英語が配信されています。
CNNを完璧に聴き取れ、理解できるようになれば『英語学習』としては締めと言っても良いでしょう。
もう少し低いレベルでCNNを聞きたい人は”CNN Student News”で検索すれば、学生向けのCNNニュースをチェックできます。語彙がシンプルに、発音もややスピードダウンしています。

CNNのYouTube公式チャンネルはこちら(https://www.youtube.com/user/CNN/featured

 

VOA Learning English|カンタンな英語で米国ニュースが聴ける

  • 更新頻度:週に2〜4本ほど
  • レベル:かんたん(TOEIC500〜)
  • 字幕対応:なし(一部は動画内に字幕あり)
  • 内容:ニュース形式(約1分)
  • テーマ:アメリカ時事

VOA learning Englishはアメリカの国営放送(Voice of America)が運営するノンネイティブ向けのチャンネル。1分程度の米国時事がかなり簡単な英語で配信されています。
レベル的にはTOEICと同等〜少し難しい程度。ノンネイティブ向けということもあり、ニュース教材を聞きたいけどCNNなどでは難しすぎる人向けですね!

 

スポンサーリンク

YouTubeでネイティブ英語が全く聴き取れない時は…

どのチャンネルを聴いても全く聞き取れない…
つまり基本的な英語力に欠ける人は、TOEIC学習などで基礎から学んでおくのも1つの手です。
当ブログではTOEIC、TOEFL向けの英語記事も掲載しています。

TOEIC400点台でも900点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた

上の記事では、TOEIC関連の記事を集約し、1つの勉強法としてまとめています。
700〜900点とレベル別の記事へのリンクも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

それこそ洋楽や映画などで楽しみながら英語学習するのもOK!
HuluNetflix、Amazonの有料サービスであるプライムビデオなどは洋画や海外ドラマも多数扱っているのでオススメです。

Amazonプライムがコスパ最強な理由とは?特典内容とコスト比較まとめ

教材の差よりも、ネイティブの英語に触れ続けることがリスニング力アップのポイントです。
冒頭にも書きましたが、英語学習のカギはいかに”勉強”というハードルを下げて、継続するかどうか。
自分に合う勉強方法でレベルアップしてきましょう。それでは。

英語・TOEIC
スポンサーリンク
miruokaをフォローする
レコメンタンク