読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

『短期留学』のコスパの悪さは異常!

英語・TOEIC
スポンサーリンク

”短期留学”って響き良いですよね。

『僕、大学生活、意識高めにエンジョイしてます。』

的な。

 

異文化触れちゃうゾ♪みたいなね。

 

かくいう私も短期留学経験者…

大学時代の春休み、たっかーーい費用をかけて、オーストラリアにホームステイしながら語学学校に通っておりました。

2ヶ月半かな。大学の春休みって長いしね。

 

しかも、大学生協を経由して行くと、同じ大学の奴とかいそうだから、あえて自分で留学エージェントを探したりしてたんですよ。意識高すぎィ!!

 

 

と、まぁ楽しかったんですけどね、実際。

ただまぁ、高くついた…。

 

そして今になって思う、

『短期留学とか意味あったかなぁ…?』

な感情。

 

今回は、僕が考える『短期留学』の費用対効果について書いてみます。

 

 『短期留学』にかかる費用 

f:id:salawab:20160101143623j:plain

 

”短期”の基準が微妙ですが、ここでは1〜半年の留学とします。

大学生が春休みで行ける期間だと、3ヶ月が限度でしょうか。

 

その場合の費用は、以下の通りです。

ここでは、僕が大学生協、英会話スクール、各留学エージェントをハシゴして調べた時の概算を挙げますね。

留学先は”オーストラリア”とします。外貨の相場は気にしない!大体ね、大体!

 

まずは固定費!!

留学期間に関わらず発生する費用ですね。

 

【短期留学の固定費】

  • 航空券:10〜20万円(往復、季節変動大)
  • 入学金:約1万円 
  • テキスト代:約5000円
  • ホームステイ・留学仲介料:約5000円

しめて、約12〜22万円の費用が、留学期間に関わらず発生します。

 

次が、変動費

留学期間に応じて増加する費用です。

1ヶ月の短期留学にかかる費用が下記です。

 

 【短期留学の変動費(1ヶ月あたり)】

  • 語学学校授業料:5〜10万円(場所による)
  • ホームステイ費:6〜12万円(これもそれぞれ)
  • 保険:約1万円
  • 食費:約3万円
  • 雑費(交通費・買物等):5万円

こんなもんかな。細かいのは除きます。

僕の時は空港出迎え料とか取られた。2000円くらい…。ホームステイは1週間で1.5万円くらいが相場かのぅ。

とりあえず、合計すると、20〜31万円となりました。

 

この費用を合算すると…

 

【短期留学にかかる費用】

  • 1ヶ月:32〜53万円
  • 2ヶ月:52〜84万円
  • 3ヶ月:72〜115万円

 

たっけーーーーー!

って感じでしょ?

 

ちなみに僕の時は、10週間でちょうど60万円くらい。

めっちゃ頑張って留学エージェント比較してこのお値段だからね。けっこう頑張った方だと思います。

留学時はすげー節約生活してたしね。

免税店でもあまり買物せず…今思えば勿体無い!

 

 

さてさて…この費用をペイできるものが『短期留学』には見出せるのか…?

次の項で書いてみます。 

 

 

『短期留学』で出来ることは日本で出来る

f:id:salawab:20160101143622j:plain

英語力の向上? 〜語学学校の落とし穴〜

まず、『短期留学』で英語能力を上げるぞ!って思う人いるんでしょうか?

 

いたら、とりあえず言いたいことは1つ。

 

留学は英語力の高い人間がすることです!

 

あ、これは英語に特化した留学の場合ね。スポーツとか芸術はまた別の話ですよ。

 

というのも、留学して英語力を上げるってのは、元々かなり英語力がある人…

例えば、TOEIC800点とか余裕だし TOEFLもかなり高いよって人とか、すでにネイティブと普通に会話できるよって人とか…

そういう人が、実際にネイティブの暮らしにダイブして、体当たりで本場の英語力を習得するってのが本来の留学なので。

英語力の無い人が、ちょっと短期留学しても無意味なんですよ。

 

あと、見出しにもある、語学学校の落とし穴についてお話しします。

 

語学学校って、だいたい難易度別に数クラスに分かれてます。

 

メジャーな分け方だと、

 

Level 1:Beginner(初心者)

Level 2:Elementary(初級)

Level 3:Intermediate(中級)

Level 4:Advanced(上級)

Level 5:Proficiency(ネイティブレベル)

 

って感じ。

 

で、普通の大学生、例えば英語の偏差値60くらいで、文法は大体わかりますよ〜的な大学生だと…

間違いなく、初心者か初級のコースにブチ込まれます。

 

最初にクラス分けのテストがありますが、そこではスピーキングやリスニング、ライティングのテストがあります。日本人が大得意の文法も。笑

僕は、文法は90%以上のスコアでしたが、Level 2に配属されました…orz

ちなみにスピーキングのテストは外人と1 on 1。

総合的に、そのクラスでやっていけるか?って英語力をキチンと見られるのです。

 

で、『穴』というのは、このLevel 1〜2のクラスなんですけど、

アジア人ばっかり!!!

変な発音、文法もわからない、そんな英語力の人たちが集まってるんです。

もちろん、日本人もいっぱい。

 

『(僕は留学に来たんだよな……?)』

 

先生はネイティブですし、周りとのコミュニケーションも全て英語なので、英会話のトレーニングにはなりますが…

これなら、大学にいる留学生の友達と遊んでた方が英語力がつくんじゃねーかな?と思いましたよ。 

 

外国人の友達作り

f:id:salawab:20160101143625j:plain

まぁ、普通にコミュニケーションしてれば沢山できます。

韓国人とか、フィリピン人とか、中国人とか…

もちろん、ヨーロッパや南米の友達もできましたけどね。

 

ただ、外国人の友達作るなら、日本でもできますよね。

普通の大学なら、それなりの数の留学生がいるでしょう。

外国人が集まるクラブやカフェなんてのもいっぱいありますよね?

 

短期留学する積極性があるなら、彼らに話しかけるなんて訳ないはずです。

 

むしろ、短期留学先で英語が母国語でない友人を作るより、日本で欧米人捕まえた方が、英語力には良いんじゃないでしょーか。 

 

 

異文化に触れたいなら、その金で普通に旅行しよう

f:id:salawab:20160105233741j:plain

実際に外国に住むことで、日本とは異なる文化に触れられるのは良い経験だと思いますよ。

1週間住むだけで、料理、週間、交通、治安、人間性…色んな事に衝撃を受けましたからね。

 

でも、異文化に触れたいなら、その50万円で数ヶ国旅行した方がよっぽどいいよね?

 

って思うんですけど、いかがでしょう。笑

 

短期留学って、良くも悪くも『1ヶ国』なんですよ。

正直、”異文化”って、数日もいればお腹いっぱいじゃありません?

50万あれば、ヨーロッパの色んな国を見て回れますよ…?

 

はたして、コストに見合う価値はあるのか?

『短期留学』をするなら、その目的をもう一度見直した方が良いかもしれません。

 

 

『短期留学』で得られたこと

ホームステイのメリット、デメリット

f:id:salawab:20160105235113j:plain

デメリットばかり挙げたので、最後に良かった事を書いておきます。笑

言っても、ホームステイは最高の経験でしたよ。

語学学校ではアジア人とワチャワチャしてましたが、家に帰ればネイティブのオージーと話せますからね。色んな観光地にも連れてってもらったし。

”現地の生活に入り込む”って面では、海外旅行とはまた違った物が得られると思います。

 

ただ、このホームステイには要注意!

ステイ先はランダムで決まりますが、とにかく”運”が必要です!!

 

というのも、なぜ彼らが留学生を受け入れるのかというと…

 

金になるんです。

 

でっかい家に1人招いて食わしてやれば、月に10万前後が手に入るわけで。

環境によってはオイシイ商売なんですよ。

 

だから、親切な人ばかりじゃないんです。

 

食わせれば問題ないんだろ…と独居房のような狭い部屋に入れられる人。

明らかなアジア人差別主義者のホストファミリー。

 

色んなホストファミリーに当たった人を見ました。僕は運が良かったですね。

 

ステイ先は、大抵は途中で変える事も出来ますが、限られた期間でステイ先を転々と…なんてなったら、もはや英語力や異文化どうのこうのではありませんね。

 

 

思い出…

f:id:salawab:20160105235223j:plain

僕はぶっちゃけ、遊びまくってましたね。

外人の友達出来たはいいけど、遊びすぎて語学学校にも普通に遅刻してたし。

学校の新入生パーティが、EDMガンガン効いてるクラブだったり。

結果、終電、終バス無くして、ステイ先まで3時間歩いて帰ったり。オーストラリアで良かった…。

オーストラリアおすすめですよ。治安サイコー。クジラどうこう言うと怖いけど。

 

ちなみに最初はイギリスのマンチェスターに行く予定だったんですけど、パンフに”マンU観戦ツアー有り!”って書いてあったのがバレて親に却下されました。

 

ま、まぁ…高くはついたけど、モトが取れたかはわからんけど…

とりあえず楽しかった!

それで割り切ってます。笑

ちなみに、留学費用は全てバイト代で返済の契約でした。

その後1年は新しい服をほぼ買ってないのである。 

 

 

モチベーションの向上 

まぁ、そういって、ちょっとは英語力上がったんでしょ?って話ですよ。

いっても2ヶ月英語漬けでしたからね!

喋るのにも慣れましたよ!ネイティブの言うこともそこそこ理解できるようになりました!

 

TOEICも510点だったのが、帰国後はなんと…

 

550点!!

 

うわぁあああ!!

 

というわけで、愕然としましたよね。

まぁ、TOEICに関しては、あれはあれで異質なテストなんで、短期留学で上がるはずもないんですが。

 

ただ、

 

『(これはガチでヤバい……!)』

 

って思ったわけですよ。

 

僕の60万円は……???

 

まぁ、火がつきましたよね。

60万をペイしなきゃ!という焦燥感!

 

あと、お金以外にも…

実際、ノリで留学して、カマされたわけですよ。

僕、全然英語できねーな、と。

能力あげるしかねーな、と。

 

そう言う意味では、その後の英語学習において、ものすごいモチベーションになったことは確かです。

 

www.recomtank.com

 

まがりなりにも、英語記事を書いちゃうようにはなりました。苦笑

 

結局、英語力が伸びたのって、日本に帰って、日本で勉強してからなんですよね。

モチベーションにはなったけど…うーむ…。

 

 

『短期留学』に行くなら、それなりの準備と覚悟がなきゃ、得るもの無しで帰ってくることになるかもしれません。

 

そのお金を使って他の経験する方が良いかもしれない!?

 

よく考えてから、行くことをおすすめします!

*おすすめ記事はこちら*

みるおか