読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ポケバンク解禁!過去作との互換性や使い方、ダウンロード方法等をまとめてみた【ポケモンSM攻略】

アプリ・ゲーム
スポンサーリンク

f:id:salawab:20161201075311j:plain

ポケモンバンク…通称ポケバンクがサンムーンでとうとう解禁になりました!
過去作からポケモンを連れてくるために必要な3DSのDLソフトです。
シリーズ毎にポケモンが増え、バトルの幅も広がる中、最新作で入手出来るポケモンだけで勝つのは難しいです。
やはり、GTSポケバンクにより、過去作のポケモンも使った戦略が必要です。

今日はサンムーンでのポケモンバンクの解禁情報、そして使い方をまとめて解説していきます。
簡単に使用できますので、過去作をプレイしている方は是非ダウンロードしましょう!

【目次】

ポケバンクとは?

基本情報

製品名 ポケモンバンク
(Pokemon Bank)
製品形態 3DSダウンロード専用ソフト
利用料金 500円/年間
使用環境 ・インターネット接続
(無線環境必須)
・要ニンテンドーネットワークID

ポケモンバンクは、その名の通りポケモンの銀行…
簡単に言うとクラウド上のポケモンボックスのようなものです。

年間500円の利用券が必要です。利用期限を過ぎて一定期間使用するとポケモンが消えてしまうので、更新は忘れないようにしましょう。
ポケモンバンクに預けられるポケモンは3000匹です!過去作から最新作にいつでもポケモンを持って来れますが、道具は送れないので注意しましょう。

 

過去作との互換性

公式サイトでの注意書きをまとめると以下の通りです。

【第六世代(XY・ ORAS)からサン・ムーンへ】

一度ポケモンを『ポケットモンスター サン・ムーン』へ連れて行くと、再び『ポケットモンスター X・Y』、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』に戻すことはできません。

『ポケモンバンク』へ、ポケモンに道具を持たせたまま連れてくることはできません。ポケモンに道具を持たせたまま連れてこようとすると、道具のみ元のゲームソフトに戻ります。

転送は一方通行で、道具の持ち込みは不可です!

 

【バーチャルコンソール用ソフト『ポケモン 赤・緑・青・ピカチュウ』から『ポケモン サン・ムーン』へ 】

バーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』から『ポケモンバンク』へ送ったポケモンは、 『ポケットモンスター サン・ムーン』でのみ使用可能となります。

一度、『ポケモンバンク』に連れてきたポケモンは、再びバーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』へ戻すことはできません。

こちらも一方通行です。

ただし!赤青緑から転送すると、種族値が3V確定!

じわれカイリキーなど、強力なポケモンも入手可能です。

ORASはハピナス道場でのレベルアップや、教え技など、育成環境がかなり優秀ですが、ポケバンクでサンムーンに送ってしまうと戻せないので、必要な技や育成はORASで済ませておきましょう。

また、道具を持ち込めないので、『メガサーナイト』『メガクチート』など、サンムーンでメガストーンを入手できない一部のポケモンはメガシンカできなくなります。
メガストーンの解禁状況などは、以下の記事でまとめています。

【ポケモンSM】メガストーンの解禁情報と入手方法まとめ【最新版】

サンムーンのポケモンバンクはいつ解禁?

ポケモンバンクは2017年1月25日にサンムーン対応アップデートとなりました!

【公式サイトはこちら】『ポケモンバンク』公式サイト

解禁以降は、バトル環境が大きく変わります!
最新作では利用できなかったポケモン、技、遺伝技などが解禁されるわけですから、バトル戦術の幅が広がりますね。

ミュウ&専用Zクリスタルも手に入るので、これを機にダウンロードしてみてはいかがでしょうか!?

ただ、それと同時にGTSなどにも過去作のポケモンが溢れることになります。 
サンムーンしかプレイしていない方も、簡単に過去作のポケモンを入手できますよ。
GTSの使い方やポケモン厳選の方法については以下の記事を参考にしてください。

 

ポケモンバンクの使い方

ここでは、ポケバンクの利用方法を順を追って解説していきます。
ダウンロードしていない方は参考にしてください。

 

まずニンテンドーeショップで『ポケモンバンク』をダウンロードしてください。
このまま検索窓に打ち込めばでてきます。
アップデート用のパッチがある場合は同時にダウンロードしておきましょう。

f:id:salawab:20161201072243j:plain

すると3DSの画面にポケモンバンクのソフトが表示されますので、起動してください。

 

f:id:salawab:20161201073517j:plain

『ポケモンバンクをつかう』 を利用すればボックスに入れます。
ポケムーバーはポケモンBW2専用のポケモン転送ソフトです。
利用する際は、転送する側のポケモンがいるソフトを必ず挿しておいてください。
ダウンロード版を利用しているかたは問題ありません。

 

f:id:salawab:20161201073751j:plain

すると、ポケモンバンクがソフトを認識しますので、問題なければ続行してください。

 

f:id:salawab:20161201073939j:plain

すると、下部が転送するポケモンのボックス上部がポケバンクのボックスとなっています。ここではポケモンXを利用しています。
カーソルを動かしてポケモンを選択できます。

 

f:id:salawab:20161201074033j:plain

Yボタンを押せば、ポケモンをタイプ性格などでソートすることができます。
大量にポケモンを預けている方には便利ですね。

 

f:id:salawab:20161201074142j:plain

方法は簡単です。
転送したいポケモンにカーソルを合わせた後『いどうする』を選んで、ポケバンクのボックスに動かすだけです。

 

f:id:salawab:20161201074253j:plain

そのあとXボタンを押せば、レポートを書いてソフト終了となります。
この場合、選択したミニリュウは、ポケモンXのボックスから消え、ポケバンク上で管理されることになります。

 

f:id:salawab:20161201074354j:plain

次に、ポケモンを受け取る側のソフトを挿して、再度ポケモンバンクを起動します。

 

f:id:salawab:20161201074423j:plain

上部がポケバンクのボックス、下部がポケモンを受け取るポケモンASのボックスです。

 

f:id:salawab:20161201074456j:plain

今度は逆の手順で、ポケバンクのポケモンにカーソルを合わせ、送る側のポケモンボックスに移動します。
ちなみに、持っていた道具は元のソフトに戻ります。
これでレポートを書いて終了すれば、ポケモンの転送は終わりです。
簡単ですね! 

 

まとめ

サンムーンでもポケバンク対応となり、過去作からのポケモンが連れてこれるようになります。
今回は新たにポケモン図鑑機能も追加となり、ポケバンク対応の過去作に登録されているポケモンの情報も見られるようになりました。

また、ポケモンバンクにポケモンを預けていると『ポケマイル』というポイントが貯まります。
ポケマイルは道具BP(バトルポイント)と交換することができますよ。ポケモングローバルリンク(PGL)でアトラクションを遊び、珍しい道具を貰うこともできます。

これを機に、過去作を遊んでみるのも良いかもしれません。
シリーズ毎の連動もポケモンの醍醐味ですよね!

それでは、ポケモンバトルに向けてどんどん育成していきましょう!