読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

睡眠障害の僕の寝つきが劇的に改善したおすすめ枕5選!

健康・メンタルヘルス
スポンサーリンク

皆さんはよく眠れる方ですか?

布団に入ったらすぐ眠りに入れますか?

 

私は 

 

寝付き最悪

 

です。

中学時代から寝つきが悪く、眠りに入るまで1〜2時間かかることはしょっちゅうでした。

1時間で寝れれば良い方で、ストレスが溜まっている時は結局眠れず、気がつけば日の出なんて日も…。

睡眠障害であることは間違いないんですが、昔からこんな状態が続いてしまい、良くも悪くも『寝れない』ということに対して耐性がついてしまった気がします。

 

 

そんな僕は、大人になり、ある”フェチ”になりました。

 

そう。

 

枕フェチ

 

です。

 

僕は慣れてる寝具じゃないと非常に寝つきが悪いですし、旅行先などでは基本的に寝付けません。

ビジネスホテルなどのフカフカの寝具なら眠れますが、それでも寝つきに1時間はかかります。

安宿のカッチカチの枕だと、思いっきりスノボーして疲弊しきった体でも全く眠れなかったりしますね…。

 

今日は、そんな僕が最高の眠りを求めてたどり着いたおすすめの枕5選を紹介します!

生活環境やストレス解消だけではなく『寝具』も睡眠の改善には非常に重要です。

QOLの向上のためにも、枕をはじめとした寝具への投資は必要不可欠です!

寝つき悪いなーって方や、睡眠障害で苦しんでる方は、この記事を参考に、まず就寝環境を整えてみて下さい!

 

【目次】

 

はじめに:枕の選び方

f:id:salawab:20160131220149j:plain

人は立っているときの正しい姿勢を、横になったときそのままキープできると快適に眠れます。まっすぐ立ったとき、人の背骨はなだらかなS字型を描いています。そのため、敷き寝具とからだの間にはスキマが生まれます。
このスキマのうち、首すじ(頸椎部分)のスキマを埋めるものがまくらです。首すじのスキマを自然に埋めることができるまくらこそ、安定感があり理想的なまくらです。

ふとんなどの寝具なら東京西川公式サイトより引用

 

らしいです。

 

ちなみに僕の枕の選び方は、

  • 柔らかすぎず、弾力がある。
  • 首から頭にフィットする形状
  • 頭が沈まない程度の高さ

です。

 

柔らかすぎるのはあまり好きじゃなくて、むしろ頭を跳ね返してくれる位の弾力が欲しいです。フワフワ素材自体は好きなんですが、弾力が重要ですね!

あとは形状首や後頭部全体を包み込むフィット感が必須です。

最後に高さ。個人的には一番大事な要素です。僕の場合は少しアゴを引いた状態が寝やすいので、頭をわずかに持ち上げてくれるくらいの高さが欲しいところです。。

柔らかいのが苦手なのは、頭が沈んでしまうことが理由でもありますね。これは人それぞれでしょうか。

皆さんの枕の選び方はどんな感じでしょう。

 

それでは、これらの点を踏まえて、僕のおすすめ枕を紹介していきます。

 

テンピュール ミレニアムネックピロー

 

まずは僕が使用しているものから。

 

何個も枕を買い替え、結局ココに落ち着きました。

寝具メーカーとして有名なTEMPUR (テンピュール)ミレニアムネックピロー

”テンピュール素材”と呼ばれる、独自素材を開発して他者製品と一線を画しています。

 

変わった形状ですが、凹の形で高くなっている方が手前、首側になります。

少し固めなんですが、程よい弾力で首から後頭部全体にフィットするので、ものすごくリラックスして眠りにつけます。肩こりの人にも良いんじゃないでしょうか。

 

ちなみに167cmの僕は、Mサイズを使っています。

ジャストサイズだけど、欲を言えば緩めのLも欲しいですね。

XS〜Lまでありますが、寝具に使うなら、気持ち大きめのサイズを選ぶべきです。

 

寝具として使うなら

  • 身長〜155cmまで:Sサイズ
  • 155〜170cmまで:Mサイズ
  • 170cm以上:Lサイズ

が目安になります。

 

テンピュールのショールームでXSを見ましたが、小柄な女性でも寝具としては厳しいと思います。昼寝には良いかもしれませんが…。

 

ちなみに、今は他の枕は使えません。僕の中ではこの枕が”結論”ですね。

  

FRANCEBED 低反発枕

テンピュールと迷ったのがフランスベッドの低反発枕です。

結局テンピュールに乗り換えたんですが、優劣はつけられません。

低反発枕のハードタイプもあるんですけど、僕には少し固すぎましたね。フィット感と寝心地を両立するなら、ソフトタイプがおすすめです。

 

低反発の素材はウレタン。

僕はテンピュールの方が合ってましたが、正直ここは好みの問題です。

店舗や展示会に行って、肌触りやフィット感を試してくるのもアリだと思いますよ。

 

ニトリ ホテルスタイル まくら

【リンク:ホテルスタイルまくら(Nホテル) 

 

低反発より柔らかい枕の方が好き!

でもリーズナブルな枕じゃないと無理!

 

って人はニトリへ。

正直、ニトリの寝具って良い意味で値段に合ってないと思います。

このホテルスタイルまくら、ポリエステル製なんですが、マジで羽毛レベルのモフモフです。

2年位前の愛用品です。なお、マットレスは今でもニトリ製。

 

”ホテルスタイル”の名前の通り、ホテルのベッドルームにあるようなソフトタイプの枕です。

かといって頭が沈まない程度の弾力もあるから、柔らか枕フェチにおすすめですね。

 

ニトリ 低反発チップ枕

【リンク:抗菌防臭 低反発チップまくら

 

同じくニトリから、かなりリーズナブルな低反発枕を紹介します。

ニトリの店舗で触ったんですが、さすがにテンピュール等と比べると質は落ちるものの、1000円ちょっとで買える枕ではないですよ。

 

普段の寝具に低反発まくらを使う人はあまり見ませんが、うまくフィットする枕に出会えれば、睡眠の質が一変するから一度使ってみて欲しいです。肩こりも改善しますし。

ただ、硬い枕ほど、自分に合った枕に会うのは難しくなるかも…。追求ですな。

 

 ottostyle.jp 低反発枕 RI・RA・KU

これは実際に使用したことはないんですが、”いびき軽減”ということで、非常に興味を抱いている枕です。

ottostyleの枕は、これ以外にもリーズナブルな枕が多いですね。

なお、いびきをかいてるのは、僕じゃなくて父親です。プレゼント用に…。

気道確保に適した構造により、睡眠の質を改善してくれるとのこと。

いびきは時に致命的なこともあるので、最善を尽くしたいところです。

 

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

睡眠の質は、生活の質(QOL)に直結します。

 

長時間寝ても、床の上だと疲れが取れませんよね…

逆に短時間でも、リラックスして就寝すればある程度体力回復は可能です。

 

特に、小さい頃から睡眠障害の僕には『寝具』って超重要なんですよ。

 

ストレスがあったり、睡眠に問題を抱えている方は、『寝具』を一度見直してみてはいかがでしょうか。

もし、眠りに悩む人は、迷わず寝具へ投資していくべきですよ。

 

日々を楽しむためにも、良い睡眠、取っていきましょう。

 

みるおか

 

*おすすめ記事はこちら*