就職&転職

実際に利用したおすすめ転職エージェント7社を徹底比較!大手転職には必須でした…

更新日:

私は30歳前半ですが、今の会社ですでに3社目です。
メーカー研究職という人の流動性が低い業界ですが、2回の転職を経て、業界最大手のメーカーから中小企業まで経験しました。

転職理由は労働環境の改善から、スキルの幅を広げるためのキャリアチェンジなど…
『外資系』『大手』『研究職』など、幅広いキーワードで求人を検討していました。

キャリアチェンジ…いや、キャリアアップに必要なサービスといえば『転職エージェント』です。
リクナビNEXTやハローワークとは違い、非公開求人を中心に取り扱い、プロが転職活動をコーディネートしてくれます。

特に、外資系や大手企業では、採用の精度を上げるために、巨費を投じて転職エージェント経由で中途採用を募集しています。
転職エージェントに登録しないということは、転職のチャンスを逃すということ…

しかし、転職エージェントにもそれぞれ『強み』と『弱み』があります。

今回は私が実際に使用した転職エージェントの中から、特徴とメリット・デメリットをリアルに語っていきます!

業界や職種、あなたの性格によって利用すべき転職エージェントは異なります。
自分にあった転職エージェントで、スマートに、そして確実にキャリアアップしていきましょう!!

はじめに:転職サイトと転職エージェント

転職サイトと転職エージェント。

混同されている方も多いですが、その本質は全く違います。
まずは、両者を簡単に比較していきましょう。

 

転職サイトは情報収集のために

基本的にはリクナビやマイナビなど、新卒採用で使う就職サイトと同じです。

リクナビNEXTやDODA、en転職、マイナビ転職…
こういった転職サイトには沢山の求人が転がっています。

これらは誰でも応募できる『公開求人』です。
その分、倍率は高くなりますし、非正規雇用や低年収の求人も多く、キャリアアップできる求人を見つけるのも難しくなります。

たまに自分のマイページ宛に企業からメッセージが来ることがありますが、それらの多くは、個人情報(専攻、職務履歴、資格)でソートした全員に自動送信されているもの。
『求人に応募しませんか?』くらいの軽いメールです。

転職に関する情報収集や、転職の感覚をつかむくらいならOKです。
しかし期間を決め、大企業への転職を目指すなら…

転職サイトだけでは不十分!

その理由は…

 

なぜ転職エージェントが必要なのか

『優良求人は転職エージェントの非公開求人にある』

初めて転職する人はこの事実を知りません。

転職エージェントには、

  • マッチした人材にしか紹介しない『非公開求人』を持つ
  • 自分に合わせた求人のみ受け取れる → ギャップが少ない
  • エージェントの推薦がつく → 選考の通過率が高い

というメリットがあります。

企業は転職エージェント経由で採用する場合、想定年収の30%にもわたる高額のマージンを支払うこともあります。
その対価として、転職エージェントは、求人に合うスキルや実績を持つ人材を企業に紹介するのです。
企業は中途採用の精度を上げるために、転職サイトの公開求人より高額の投資をして、転職エージェントに非公開求人を出します。

すなわち、

『採用に本気の企業は転職エージェントを使う』

ということです。
とはいえ、転職エージェントも様々。
各転職エージェントの特徴を徹底的に比較していきましょう!

 

【登録必須】リクナビNEXT&リクルートエージェント

リクナビNEXT:最強の情報源

業界トップ。
あらゆるランキングで1位を独走する転職サイトが、リクナビNEXTです。
『転職サイト』に関しては、ここで間違い無し!

職務履歴書をキチンと書いておけば、一斉送信メールだけではなく、企業やエージェントが個人宛に送ってくる『プライベートオファー』も送られてきます。

あらゆる業界に対応し、情報量もダントツ…
転職初心者が”登録必須”な転職サイトですね。

リクナビNEXTのメリットは求人数よりも情報収集です。
職務履歴書の書き方や、Uターン・ Iターン特集など、転職ノウハウに関するコンテンツも段違いです。
私は転職を終えた今でも、スキルの棚卸のためにリクナビNEXTで職務履歴書を更新しています。
リクナビNEXTは職務履歴書のテンプレートもそのまま使用できるので、作成も楽チン!
転職初心者には必須のサービスです。

無料で転職支援サービスを受けるなら:リクナビNEXT

 

リクルートエージェント:最強最大の転職エージェント

◎大手・優良企業の求人数が圧倒的
◎転職業界で存在感があり、推薦力が強い
△求人が多すぎて、逐一チェックしないと見逃すことも

 

こちらはリクルートが運営する『転職エージェント』です。
あなたがクリエイターやマスコミなど、特殊な業界を狙っていない限り、転職を通じてキャリアアップを目指すなら、登録は必須です。

リクルートエージェントは、競合他社と比べてとにかく求人の数と質が段違いでした。

私はメーカー研究職を目指し、複数の転職エージェントを利用しましたが『他のエージェントで扱っている求人は、全てリクルートエージェントでも扱っている』というのが現実。

研究職や外資系に特化した転職エージェントはありますが、全業界、全職種、全事業規模をここまでカバーした転職エージェントはありません。

転職エージェントのベストな使い方は『リクルートエージェントを中心に転職活動を進め、ニッチな求人を他エージェントで補う』です。

間違いなく転職活動の軸となるサービスですよ。

転職に必須の力強い味方!公式サイトは

>>【リクルートエージェント】

 

【業界2位&丁寧な対応】DODA(パーソルキャリア)

◎リクルートエージェントに次ぐ求人数
◎業界、職種ごとに担当が分かれ、キャリア相談しやすい
△とにかく求人数を求めるならリクルートエージェントに劣る

 

パーソルキャリアが運営するDODAも超大手ですね。
求人数もリクルートエージェントに匹敵するほど。

私がパーソルキャリアに好感を抱いたのは、業界ごとにエージェントを分けていること。
そして担当エージェントの対応が非常に丁寧なことです。

食品メーカー研究職を希望していた私には、化学系・食品系のバックグラウンドを持ち、その業界に強いエージェントが担当になってくれました
そのため、研究分野など詳細まで理解してもらえるんです。
職務履歴書も逐一チェックしてくれました。

ドライなビジネス関係ではなく、人対人のサービスとして転職支援を受けたいという人におすすめですね。

転職仲間内での評判は一番良いですね。

専門職にも強く、親身な対応を受けたいなら!

>>業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

 

【外資だけじゃない!素早い対応】JAC リクルートメント

◎外資系、グローバル企業に強み
◎外資系ならではのスピード感!転職ライバルの先を行ける
△メインとして使うにはやや求人数が物足りないか

 

”外資に強み”とアピールしている転職支援会社ですが外資だけではありません。
私は、このエージェント経由で、『日系の大手食品メーカー』に内定をもらいました。

外資志望者は迷わず登録すべきだと思いますが、特筆すべきは”動きの速さ”です。

私が内定をもらった会社の求人は、他のエージェントからも紹介されましたが、一番最初に紹介してくれたのが、JACリクルートメントでした。

『みるおかさん!今、みるおかさんに合いそうな求人が手に入ったばかりなんですけど、メールするのですぐ見てください!』

一人一人をしっかり見てるからこそのサービスだと思います。

JACリクルートメントを利用した時の体験談は以下のサイトに寄稿していますので、ぜひご参考ください。

【体験談】JACリクルートメントに全ての転職者が登録すべき理由【おすすめ転職エージェント】 | 採用担当者のホンネ日記

 

【20代で転職するなら!】マイナビジョブ20's

◎20代、第二新卒限定の求人!
◎転職初心者向けのサービスが豊富
△大幅なキャリアアップ、年収アップを目指すなら他エージェントと併用を

 

マイナビ転職はご存知でしょうか?
CMや各地でのPRも積極的です。

ITに強い印象ですが、他業界の求人も多く取り扱っています。
大手食品メーカーをいくつか、マイナビ経由で面接まで呼んでいただきました。

マイナビには他にないサービスを扱っています。
それがマイナビ job 20's!

第二新卒〜20代専用の転職サービスで、転職サイトと転職エージェント両者の強みを持っています。
コンサルタントによる求人の紹介から、応募書類の添削、カウンセリングまで、転職初心者にはありがたいサービスが満載!
右も左もわからない最初の転職には非常にありがたかったですね…

『若手』サラリーマンの転職ならまずココ!公式サイトは

>>20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20'S!!

 

【外資特化型】Career Cross(キャリアクロス)

JACリクルートメントが『外資中心』なら、こちらは『外資特化』です。
スタッフよりも、マネージャー以上のハイクラス求人が多いですね。

英語の履歴書、職務経歴書のテンプレなどもあるので、外資を目指す方は、JACと並んで登録必須レベルの転職エージェントです。

情報収集のコンテンツとしても有能ですよ!

 

【IT中心、エンジニア向け】ワークポート

ITやゲーム業界中心とありますが、様々な職種を幅広く取り扱っています。
求人の持ち駒増やしのために登録していましたが、思いの外、掘り出し物の求人が多くて驚きました!

規模が小さいエージェントは、その分サービスが丁寧に感じます。
担当エージェントさんが、メールで細かく親切にやりとりしてくれた印象が強いですね。

ワークポートを含む、転職支援で準大手以下の企業は、大手が持っていない専門業界や中小の求人を持っていることが多いです。

自分の志望業界に合わせた、エージェントの選定が重要です!
無料で転職相談も行っているので、特にIT、WEB関連の業界を目指す方には力強い味方になってくれますよ!

エンジニア特化の転職エージェント!公式サイトは

>>IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

 

【中小メーカーに強み】 RDサポート

私は、食品業界が第1志望でしたので、『食品』『ヘルスケア』『研究職』に強みをもつこの転職エージェントにも登録していました。
『準大手以下を中心に、他が持ってない求人を持っている』という印象が強いですね。

担当エージェントの対応も親切でした。
密な連絡を取っていただけますし、選考後のフィードバックなども丁寧です。

ヘルスケア業界に強い転職サービス!公式サイトは

>>食品・健康業界の人材派遣・人材紹介サービス RDサポート

 

おわりに

転職エージェントとのやりとりは、ストレスも多い転職活動では面倒になってしまいがち…
しかし、私は経験者として、キャリアアップには必須のサービスだと断言できます。

悔いのない転職をするために、良いサービスはしっかりと活用していきましょう!

この記事が気に入ったらシェア!

-就職&転職

Copyright© レコメンタンク , 2018 All Rights Reserved.