ビジネスコラム

修士2年の春、ブラック研究室は牢獄から楽園になった。

投稿日:

スポンサーリンク

僕は、『ブラック研究室』の大学院生だった。

 

大学のプライド?

f:id:salawab:20160121204125j:plain

 

教授も、同級生、先輩後輩もみんな優秀。
僕は、いわゆる『旧帝大』でバイオテクノロジーの研究室に所属していた。 

教授陣の大学に対するプライドはハンパない。

 

『お前ら、◯◯大やろ?こんなレベルの研究じゃ恥ずかしいぞ。』

『なんで◯◯大の学生が、就活しんどいんや。書類出せば受かるやろ。』

『俺はお前らのこと、◯◯大生とは認めてへんからな。』

 

大学に誇りを持ち、高いプライドを持つことが正義だった。

それは、

 

『君たちも◯◯大に誇りを持って、人生を歩んでいくんだゾ♪』

 

という生ぬるいエールではない。

 

『お前らが、能力、研究成果、就職実績、卒業後の立場において、他の大学に遅れを取るようなら、この大学の歴史と俺らが許さねえからな?』

 

という、脅しである。

僕ら大学院生は、こんな教授の下で、毎日極上のdisをくらいながら、労基法もビックリの拘束時間で研究していた。
そりゃそうだ。働いてないんだから労基法なんて関係ないんだ。

 

ブラック研究室の1日 

f:id:salawab:20160121204127j:plain

学生たちは朝10時前には研究室に集まる。
早いと20時頃、遅ければ翌日の昼過ぎまで実験をして、一旦下宿に戻る。
なお、僕は48時間不眠が自己最高である。

『下宿に戻る』というのは、生活の拠点が研究室だからだ。 

アパートとは、シャワーと仮眠のためだけのスペースである。

なお、研究が立て込むと、研究室の床で睡眠を取ることも多い。
教養の寝袋があったが、僕は潔癖症なので自分の寝袋を持っていた。

普通、大学の研究室は『コアタイム』がある。
大学院生は授業も少なく、論文さえ出せば卒業できる。研究結果さえあれば、学校に来なくても卒業は可能だ。

そういう学生をしっかりと監禁するため、”10時〜15時は絶対研究室にいましょうね”という時間が設けられる。これがコアタイムだ。

 

しかし、僕らの研究室には、その『コアタイム』がなかった。

 

『結果さえ出せば、好きにしていいぞー!^^』

 

という自由な方針だった。
もちろん、そんな教授の基準など満たせるわけもなく、死に物狂いで実験していた。

なお、実験以外にも、

  • 研究打ち合わせ(英語で資料作成):月に2回
  • 参考論文の紹介(英語でプレゼン資料作成):2〜3ヶ月に1回
  • TOEIC受検義務(結果は全員に公開):年1回
  • 研究報告会(英語で資料作成、英語で口頭発表):年に2回

というレクリエーションプランが組まれている。

留学生も多く、英語は必須だった。

資料作成も膨大で、学生のPCスキルもどんどん上がっていた。

 

エリートの罵倒

f:id:salawab:20160121204126j:plain

 

『…お前、今月何か実験してたん?遊びやろ?これ』

 

『今のまま卒業できると思ってるん?』

 

『お前、その頭で研究職とか目指してないやんな?』

 

このあたりのセリフで『(うっ…!)』って思うようなら、大学院は目指すべきではないかもしれない。

例えば今、上司に、

 

『てめぇクソ野郎!なにやってんだ!』

 

 と頭ごなしに罵倒されたとしても、

 

『はい!申し訳ありません!(お前wwがwwクソwww)』

 

と軽く受け流せる。

 

ただ、大学教授の disは一味違う。
日本のトップクラスと言われる大学で、トップを走り、教授職を手に入れた人間たちだ。

教授が学生を罵倒する時は、

 

『お前のアホみたいな理論だと、ゴミのようなクズ展開しか期待できんやん?そんなカスみたいな頭の回転だとダメやろ?だからお前はクソ!』

 

というニュアンスで、超理論的ディスが展開される。

常に勉強でトップを走ってきた僕らは、はるか上の存在に完全に言い負かされ、ついでに罵倒される。

僕らは、心で泣くことしか出来なかった。

 

就職活動とは

f:id:salawab:20151216183851j:plain

当時は、修士1年の12月に就活が解禁されていた。
この頃、普通の大学院生は研究室にほぼ来なくなり、内定をゲットした人たちから順次研究を再開する。

それでも僕らは研究していた。

 

『就活は好きにしていいが、研究報告はこれまで通りやからな?』

 

という教育方針の下、実験結果を出しつつ就活をする必要があった。
僕は、1ヶ月で”2週間は就活に専念し、2週間で死ぬほど実験する”というスタイルを選んだ。 

ただでさえ追い込んでいた研究の密度は2倍になった。

面接を受けられたのは4社だけだったが、結局、最初に内定が決まった大手メーカーの研究職を選ぶことにした。
これ以上の就活は無理だと思った。 

 

牢獄から楽園へ

f:id:salawab:20160121204123j:plain 

修士2年の5月…教授は国の研究プロジェクトに参入して多忙になり、学生の世話は准教授が担当していた。
僕は、その優しい准教授と打ち合わせをしていた。彼のあだ名はオアシスだった。

すると…

 

『みるおかもやけど、M2*1は全員そろそろ論文*2書けるんちゃうか?』

 

『え…てことは、卒業は?』

 

『いや…余裕やろ。』

 

 

 

 

神が降臨した。 

 

僕らは最強だった 

f:id:salawab:20160121205533j:plain

 

研究室という監獄に閉じ込められていたせいか、僕らは周りが全く見えていなかった。

  • 留学生にも実験を教えられる英語能力
  • 実験の邪魔!と、一瞬で作り上げるプレゼン資料
  • 追い込んで積み上げた実験結果
  • 週2〜3の徹夜じゃヘコたれないタフネス
  • 教授の罵倒をものともしないメンタル

僕らは、この大学の精鋭だった。

 

というより、精鋭しかここまで残っていなかった。

 

ついてこれない学生は、学部卒で就職するか、鬱になり学校に来なくなっていた。

 

 

リア充は一足遅れてやってくる

f:id:salawab:20160121204124j:plain

『僕らは最強だ』と気づいてから、僕らは遊びまくった。

 

毎日のようにカラオケやボーリング、ダーツに行った。
ROUND 1の会員カードがゴールドになるのに半年もかからなかった。
バーベキューだってした。
オシャレな服も買った。
海だって行った。僕らの見た目はキモータ( ) かもしれないけど、化学系の研究室には女の子も結構いるんだ。 

 

それでも、研究は続けた。 
一度きっかけとなるデータが取れると、どんどん結果を積み重ねられるのがサイエンスだ。
正直、研究もウハウハだった。

 

なにより、

『2、3日遊んでも、3日間くらい寝ないで実験すれば取り返せるよね。』

くらいのタフネスがあった。

 

教授の『コアタイムなし』の制度がココで効いていた。
多忙な教授は、学生の相手をする暇もなく…。 

たまに、『(ボク頑張ってますよぉ!)』とピペットを片手にアピールしておけば余裕だった。 

 

ある日、スポッチャで平日夜から朝までフリータイムなんてバカな真似をしていた時…
午前2時を回った頃、同期の1人がベンチで何かを読んでいた。

 

『何やってるん?』

『明日(今日)のゼミ発表、俺の番やから論文読んでるー』

『マジか!じゃあ僕らフットサルしとるから後で来てやー!』 

 

誰も責めたりはしない。

彼はスポッチャ徹夜明けの午後、英語の論文3報について、概要と自分の考察をプレゼンすることになっていた。

 

『つーか、プレゼン資料(パワーポイント約30枚)できてるん?』 

 

『そんなん、午前中で出来るやろw』

 

 

 

僕らは、優秀だった。 

 

エピローグ

遊びに研究に夢中だった頃を、今でもたまに思い出す。
あぁ、あの頃に戻りたい…と思うこともある。 
だが、社会人になった今でも、失敗した実験や試作のデータを見ると、教授に追い込まれていた時を思い出し、吐きそうになることもある。

もしかしたら、人生で一番自由だった時間かもしれない…

とにかく、最高の思い出だ。

そして結果的に、僕らをここまで育ててくれた教授に、今ではものすごく感謝…

 

 

するわけねぇけどな!!!

 

*1:修士2年生のこと

*2:『修士論文』ではなく、英語の専門雑誌に投稿する『学術論文』のこと

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

スポンサーリンク

-ビジネスコラム

Copyright© レコメンタンク , 2017 All Rights Reserved.