【ポケモンUSUM】ワープライドのコツと伝説厳選の心得とは【4000光年を目指せ】

スポンサーリンク

過去作の全伝説ポケモンが出現!

ポケモンウルトラサンムーンの目玉要素の1つです。
USUMシリーズではソルガレオやルナアーラに乗りながら、ウルトラホール・ワープライドによって異世界を旅できます。
ワープライドの先にある空間には伝説ポケモンが!?

しかし、このウルトラホール・ワープライドが難しすぎる!という声が続々。

僕自身、ワープライドを初めて1時間はまったく伝説ポケモンが見つからず…。

『こんなんならアルファサファイアを周回したほうが速いんじゃないか!?』

と思ってしまうほどでした。

しかし1度コツを掴めば、目的の色のホールにも入れるようになり、続々と伝説をゲット!
1番欲しかったヒードランも捕まえられました。

この記事ではウルトラホール・ワープライドの基本操作と、伝説ポケモンの出現条件ワープライドのコツについて簡単にまとめていきます。
なかなか伝説ポケモンを捕まえられなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ウルトラホール・ワープライドの基本操作

まずはスティック操作に切り替えよう

日輪(月輪)の祭壇に行くとウルトラホールに入れます。
デフォルトでは3DSのジャイロ機能による操作ですが、とても難しいので、スティック操作に切り替えましょう。カンタイシティのゲームフリーク(ポケセン近くのビル2F)にいるエーテル財団職員に話しかけると切り替えできます。

ウルトラホールに入ると、宇宙空間のような一本道をオートで進んでいきます。
使うのはスティックのみ!
上下左右の強さでソルガレオの位置を操作して、障害物を避ける or 目的のホールに突入します。

障害物に当たると電撃が走り、ソルガレオのスタミナがダウン!
逆に黄色いリングを取ると回復してスピードアップします。
色別になっているウルトラホールをくぐることで、別の時空間へ突入し、ポケモンが1匹だけ出現します。

ワープライドの立ち回りについて詳しく図解します。

 

スポンサーリンク

ウルトラホールで伝説ポケモンをゲットするコツは?

ウルトラホールの種類

ウルトラホールは色別に4種類あり、リングが増えるほどレア度が上がります。
レア度は、色違いポケモン、および伝説ポケモンの出現確率に影響します。
3,000光年(約2分)ほど進むと、シングルリングなどでもたまに伝説ポケモンが出現しましたが、確率はかなり低くなるので、なるべくレア度の高いホールを狙いましょう。
2重リング+周りを煌めくオーラのウルトラホールでは、伝説ポケモン確定のウルトラホールになります。こちらも3,000光年あたりから見られます。
進めば進むほどレアなウルトラホールが増えるので、なるべく遠くを狙いましょう。

ウルトラホールの色と出現ポケモン

ウルトラホールには5種類あり、それぞれ出現ポケモンが違います。

フリーザーサンダーファイヤー
クレセリアホウオウ(US)トルネロス(US)
イベルタル(UM)ボルトロス(UM)ランドロス
レックウザ
オオスバメチルタリスメガヤンマ
シンボラースワンナ
アグノムユクシーエムリット
ルギア(UM)カイオーガ(UM)ラティアス(UM)
ラティオス(US)スイクンキュレム
ガメノデスハスブレロヌオー
マッギョフローゼル
レジロックレジアイスレジスチル
グラードン(US)ヒードラン(US)パルキア(UM)
レジギガス(UM)ギラティナ
ユキノオーマグマッグチャーレム
カバルドンイワパレス
ミュウツーテラキオンコバルオン
ビリジオンディアルガ(US)レシラム(US)
ゼルネアス(US)ライコウ(US)ゼクロム(UM)
エンテイ(UM)
ドラピオンタブンネブーピッグ
コノハナエレザード
ウツロイドデンジュモクマッシブーン(US)
カミツルギ(US)フェローチェ(UM)テッカグヤ(UM)
アクジキング(レア)

【以下のポケモンは手持ちに指定のポケモンが必須】
ランドロス:ボルトロス+トルネロス
レックウザ:カイオーガ+グラードン
スイクン:ライコウ+エンテイ
ギラティナ:ディアルガ+パルキア
キュレム:レシラム+ゼクロム

レアなワープホールでは色違いポケモンも出やすくなります。
色違い判定はホール突入時のため、エンカウント前のレポートは無意味です。
ただ、伝説の性格はエンカウント毎なので可能です。
出現ポケモンはすべてLv.60かつ、3V以上確定となります。

 

目標は4000光年!ワープライドのベストな立ち回りとは

ワープライドでは、まず最初はダッシュアイテムのフープが大量に出現します。

まずは最初にフープを取りまくってスタートダッシュを決めること。
全部ゲットする必要はありませんが、ここで十分に加速したいところです。

それ以降の立ち回りはただ1つ。

ひたすら電撃を避ける!

これに尽きます。
最初にフープを連続して取っておけば、しばらくは通過点にあるフープを少しずつ取るだけで4,000光年あたりまでは進めます。
ただし、これは電撃に1回も当たらない前提!
ビリビリのショックでスピードが下がるとともに、スタミナがなくなってしまいます。

スタミナがなくなると、ウルトラホールの引力に負けるようになり、最終的にはいうことを聞かずに自動で吸い込まれてしまいます。
特に、カーブウルトラホールの死角にある電撃に注意!
直線ではだいたいの座標がわかりますが、カーブに差し掛かると感覚が乱れます。
ここを乗り切ればレアホールだらけの3,000光年ゾーンへ!

2,000光年あたりで、写真のような電撃だらけのゾーンに入ることがあります。

避けるコツは、先の方を見て、事前に回避ルートを決めること。
電撃が目の前に来てから避けるのはとても難しい…

当たり判定はそこまで大きくないので、必要以上にスティックを動かさず、スルスルと抜けるように心がけましょう。上下左右に動かしまくる方がぶつかるリスクが上がります。

スタミナがなくなってきたら、伝説確定ホールを妥協して、シングルorダブルリングのウルトラホールに入るのも手です。
スタミナが切れて違う色の通常ホールに吸い込まれるくらいなら、シングルリングでも目的の色のホールに入った方がマシです。

実際、僕はゲットした伝説のうち半分はシングルorダブルリングのウルトラホールで出現しています。
いずれも2,500光年は超えた位置ですが、十分可能性はあるので、とにかく『目的の色』に入ることを最優先にしましょう。

 

特性シンクロのポケモンを複数連れておこう

ウルトラサンムーンでの伝説捕獲で困るのが、出現ポケモンのランダム性。
色毎に出現ポケモンは分かれますが、現れる伝説は完全ランダムです。
捕まえれば出現しなくなるため、相対的に確立は上がっていきますが、何回もウルトラホールに入るのも大変…

このランダム性も考慮して、どんな伝説にも対応できることが大切!
状態異常S判定用など最低限の捕獲ポケモンを用意したら、残りは特性シンクロのポケモンを複数置いておくのがオススメ!

僕はさいみんじゅつ鬼火、でんじはを打て、特性シンクロで性格厳選もできるサーナイトを捕獲用に複数連れています。
技範囲も広いため、ダメージを調整して削るのも得意!

ひかえめ、おくびょう、ようき、いじっぱり、ずぶといのシンクロサーナイト5匹、あとはすばやさ判定用のポケモンの6匹でウルトラホールを探検しています。

ヒードラン狙いで不意に出会ったサンダーやラティオスも、使える性格で捕獲できたので満足!
USUMでは金の王冠などで簡単に個体値はマックスにできますからね。

 

スポンサーリンク

おわりに

ウルトラホールも慣れるまではなかなかストレスが溜まる仕様…
USUMではUSUMに合わせたパーティで伝説捕獲に向かいましょう!

伝説が全てゲットできるUSUM。
甘い話だけではありませんね。
ミニゲームとして楽しみながら、全伝説ゲットを目指しましょう!それでは。