英語・TOEIC

僕がTOEIC900点の壁を越えた勉強法をまとめてみた

更新日:

スポンサーリンク

TOEICを受けていると、あるスコアで頭打ちになることがあります。 

僕にとっての壁は900点でした。
TOEICの勉強を始めてから600、700を飛ばして800台まで一気にスコアを上げられたとこまでは良かったんですが、こっから先が大変でしたね。

半年で300点以上スコアアップできたものの、その後は、

845...
795...
880...
845...
840...
865... 

上がらない!!

かれこれ、3年近くTOEIC800台でモタついていました。
800を超えてからは少しモチベーションが下がり『スコア維持』の勉強しかしていなかったのもありますが…。
受験1週間前に模試を解くだけでは、維持が精一杯です。

しかし、受験料もバカになりません。
抜本的に勉強法を変えないといけないと実感しました。 

その結果、

f:id:salawab:20151216211405j:plain

ギリギリ…。
結果的にハイスコアは910まで上げることができました。
ほんの数十点のスコアアップですが、この壁がとにかく大きかったです。
800台と900台で全く違いましたね。

その振り返りとして、今回は僕がTOEIC900点を超えるために実践した勉強法を解説していきます。

 

TOEIC900点に必要な得点率

TOEICはリスニング、リーディングそれぞれ495点、合計990点満点です。
ほぼ正答率=スコアになりますが、統計処理が加わるため、平均点が低いと100%の正答率じゃなくても満点を取れます。また、0%の正答率でも0点にはなりません。
偏差値に似た計算方法が導入されています

とはいえ、60%だと大体300点前後、80%だと400点前後に落ち着きます。
まず、僕がちょうどTOEIC900点を取った時の得点率が以下です。
リスニング465点の時のスコアシートがこちら。

f:id:salawab:20160106152014j:plain

この時のリスニングの調子が良く、全てのセクションで90%以上の正答率でした。
元々リーディングの方が得意だったのですが、リスニングの勉強法を変えてから得点源に変わりましたね。
平均すると、だいたい93%位の正答率ですね。

次が、リーディング435点の時のスコアシートです。

f:id:salawab:20160106141055j:plain

文法と長文は調子良かったのに、語彙やダブルパッセージでやらかしています。
リーディング450点のためには文法と語彙は100%を狙わないといけないですね。  

それでは、具体的な勉強法について解説していきます。 

リスニングの勉強法

リスニングを1.2倍速に

【関連記事】TOEICリスニング必勝法:L450点を超えるための速聴トレーニング

リスニングの勉強はこれに尽きます。
単語帳や参考書、模試のCDを全て1.2倍速に録音し直して聞いていました。
リスニング400点を超えてくると、大体のTOEIC英語は問題なく聞き取れるようになります。
そのため、普通の速度でCDを聞いていても、それ以上のリスニング力向上は難しくなります。

しかし、ネイティブのニュース等を聞くのもまた違います。
TOEICの試験のような、丁寧で良い発音の英語は、ネイティブの会話とはかけ離れています。 

TOEICのリスニングスコアを伸ばす場合、『TOEIC英語』に特化したトレーニングが効果的です。
すなわち『TOEIC英語』を使って負荷を強くするのです。

そのため、TOEICの参考書や問題集のCDを高速(聞き取れる程度)で聞くのが非常に効いてきます。
模試を1.2倍速にすると、問題を解く時間のインターバルも全部短くなるので、解答スピードもどんどん上がります。とはいえTOEIC800レベルなら聞き取れないほどではありません。
TOEICの勉強を始めたばかりの感情をもう一度味わえますよ 

1.2倍速に慣れてしまえば、本番は遅すぎて戸惑うほどです。

 

リーディングの勉強法

f:id:salawab:20151216183754j:plain

文法、語彙は100%を目指せ

リーディングセクション450点を取るなら、Part5、6は正答率100%を目指しましょう。
長文でスコアをいくつか落とすことを考え、前半でスコアを落とさないことが重要です。
基本的にリスニングよりリーディングの方が平均正答率は高くなります。
すなわち、1問間違えるダメージが大きくなります。 

リスニングは1、2問間違えただけなら満点を取れることもありますが、リーディングはそうはいきません。
間違える度にスコアはどんどん下がります。
平均点が高い時だと、90%前後の正答率でも400前後のスコアになってしまうこともあります!リスニングよりシビアです。

そういった点では、リスニングを得点源にできればかなり優位と言えます。
リーディングと違って、リスニングは能力が落ちにくいため、スコアの維持にもつながります!

 

文法の要注意事項まとめ

f:id:salawab:20151216183755j:plain

文法のスコアアップにおいて、特に注力したい項目をまとめます。
なお、高校レベルの英文法は理解できている前提で話します。
そうでない人は、まずはForestで基本を身につけましょう。

 

 

品詞

【例題】Affiliate service (------) a lot of bloggers because of its profitability.
アフィリエイトサービスは、その収益性から、多くのブロガーを惹きつけます。
ー(A) attract
(B正解) attracts
ー(C) attractive
ー(D) attraction

この場合、正解は(B)になります。
主語が単数で、動詞が来る…基本的な英文法ですが、ケアレスミスが非常に多い単元です。
冷静に考えればわかる問題が多いのですが、TOEICのPart5、6は1問20〜25秒以内で解きたいところです。
その時間内でSVOCを把握して、適切な品詞を当てるのは上級者でも難しい部分です。
問題数をこなして、判断力、速読力を養いましょう。

 

関係代名詞、関係副詞

頻出ではないですが、間違いやすい単元です。

【例題】I went to the restaurant (-----) the most popular blogger recommended.
私は、最も人気なブロガーさんがおすすめしていたレストランに行きました。
ー(A) where
ー(B) to which
ー(C正解) that
ー(D) what

場所を表すためwhereにしたいかもしれませんが、recommendは目的語を取るため、関係副詞は使えません。"recommend"ではなく"work"とかなら関係副詞になります。
関係代名詞、関係副詞は、自動詞、他動詞なども理解していないと解けず、TOEICの中では難易度がかなり高いです。
確実に何問かは出題されるため、文法で正答率100%を目指すなら避けては通れない項目です。

他に『時制(の一致)』『比較級、最上級』『接続詞』も重要項目となります。
間違いやすい、かつ頻出の英文法です。これら3項目は長文読解にもつながります。

 

長文読解の勉強法

f:id:salawab:20151216183843j:plain

TOEICの長文はチラシやビジネスメールなど独特ですが難易度は高くないため、とにかく問題数をこなすことがスコアアップにつながります。
とにかく速読!速読!です。

 

スキミング/スキャニング能力をつける

王道の解き方です。
ざっと読んで大意を読み取る、あるいは問題を最初に読み、文章を全部読まずに必要な所だけ読み取る方法です。
効率よく問題を解くことができます。

Part7は、1問1分で解きたいところです。
速読力をつけるのはもちろんですが、このスキルを身につければ、問題を解くスピードはさらに上がります。
普段の問題集から、スキミングを意識して解いていきましょう。

 

速読能力をつける

とはいえ、僕はスキミングがものすごく苦手です。
むしろ『不安だから長文を全部読みたくなる』という病気です。
そのため、ガチンコで速読力をアップさせ、長文を全文読んでから問題を解くスタイルにしました。

スキミングを長文読解の基本とするのがメジャーですが、自分のスタイルにあった解き方が一番です。
ただし、めちゃくちゃ早く読まないと時間内に終わりませんw
その代わり問題の答えを見失うこともありません。
正答率を上げる意味では、時間内に長文を全て読めるに越したことはないですからね。 

 

おわりに

今回はTOEIC900点達成に集中して書きましたが、初心者向けに以下の記事でも体系的にまとめています。

TOEIC400点台でも900点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた

TOEICのスコアアップには、とにかく普段の勉強から時間制限を設けて、本番と同じ解き方で問題をこなしていくことが重要です。
その流れを崩さずに負荷を上げることで、本番では余裕を持って解くことができます。 

900点取ると、さすがにどの企業の面接でも聞かれますよ。
ただし、それに見合う英語力が無いと、後から後悔します!

『TOEIC900点!でも英語は話せません!』

なんてダサいことにならないように…。
あくまでもTOEICは『基礎中の基礎』ということを忘れずに。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア!

スポンサーリンク

-英語・TOEIC

Copyright© レコメンタンク , 2017 All Rights Reserved.