読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

超美味モキュうま!焼くチーズ『ハロウミ』を知ってるか!?

食レポ・レシピ
スポンサーリンク

ども、ミルクが大好きみるおかです。

 

いきなりですが、僕の名前”みるおか”の”みる”はミルクのみるです。

 

僕は昔、乳製品の研究をしていたことがあり、乳製品オタクでもあるのです!

というわけで、今回の記事は僕のおすすめ乳製品を紹介するぜ!のコーナー!

やったやった!やっと書ける!

 

雑記ブログか乳製品の専門ブログにするか迷ったくらいの人間ですからね!

(雑記にして良かった…)

 

今回はちょっと変わった!?おいちいチーズをご紹介しまーす!

 

【目次】

ハロウミチーズとは

f:id:salawab:20160110183901j:plain

チーズの基礎知識

まずは、ハロウミチーズについて語る前に『チーズとは』を簡単に解説します。

 

ナチュラルチーズは牛や山羊や羊等の乳に、乳酸菌や凝乳酵素(レンネット)を加えて凝固させ、そこからホエイ(乳清)の一部を取り除き乳酸菌やカビ等の微生物で発酵・熟成させたものです。(一部熟成させないものもあります)

  • 凝乳酵素はレンネットとも呼ばれ、たんぱく質のカゼインに働いて乳を凝固させます。
  • ホエイ(乳清)はチーズを作る際に出る水分。
  • プロセスチーズはナチュラルチーズを砕き、乳化剤を加えて加熱して溶かし、再び成型したもの。風味が変化しにくく保存性に優れています。

チーズの定義 - チーズの基礎知識 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社より抜粋

 

すっごく簡単に言うと、最低限となるチーズの定義とは、

『牛乳から水分を抜いて固めたもの』

です!

ほとんどのチーズでは、乳酸菌を作用させて風味や酸味を付与したり、レンネットという酵素(※)を使用して牛乳を固めたりしますが、青字で示した定義を満たせば、チーズと言うことができます。

(※)牛乳の中のタンパク質(水溶性)を不溶化して、水分から分離させる。

 

さいて食べるチーズ(ストリングチーズ)は、固めつつ、乳酸菌で酸味をつけて、熱をかけて伸ばして伸ばして繊維を作ります。そのまま食べよう!

クリームチーズは、牛乳から分離した油=生クリームに乳酸菌を作用させます。パンに塗ったり、サラダに添えたり!

パルメザンチーズはイタリア伝統のチーズ。成形した後に、何年も乾燥・熟成させた、かたーーーいチーズ。ちなみにパルメザンチーズ、正式にはパルメジャーノ・レッジャーノを名乗るには、公的機関の認証が必要!粉チーズでよく使うね!

カマンベールチーズはフランスのチーズ。乳酸菌だけじゃなくて白カビも使ってるから、風味が超個性的!ワイン片手にドヤりながらおつまみにすれば、上流階級確定だね!

 

ハロウミチーズの製法

ハロウミチーズは、これらのチーズとはちょっと違うんだ!

 

一番の特徴は『乳酸菌を使ってない』ということ。

牛乳を発酵させずにそのまま固めたチーズだから、酸味が無く、乳本来の風味がそのまま残ってるのです!

また、発酵させていないから、加熱しても溶けないんだ!

 

普通チーズって、レンジとかで加熱するとドロッドロになりますよね。

でも、ハロウミチーズは、レンチンしても、フライパンで焼いても、硬いまま!

これが、『焼くチーズ』の由来なんです。

 

この点については後述しまーす。

 

ハロウミチーズの歴史

f:id:salawab:20160110185440j:plain

ハロウミチーズ発祥の地は、地中海はキプロス

僕はヨーロッパ史とか超疎いからわからないけど、キプロス伝統のチーズと言われております。

ハルミチーズ、ハルーミチーズ、ハローミ…とか呼び方は色々あるみたいね。

 

チーズといえば、イタリアやフランス等、ヨーロッパ諸国が有名です。

ヨーグルトやアイスクリーム等の乳製品と違って、チーズは、製造工程から、乾燥時間、熟成期間、塩味、使用する菌種など、各国、各地域で様々なノウハウがあります。

本場では、工房でオリジナルのチーズを製造している個人も多く、数え切れない種類のチーズが進化してきたのですな。

チーズそれぞれに歴史があるのです。

 

参考リンク:チーズブック(チーズの種類、チーズの歴史・知識、チーズの作り方など)

 

このサイトから、チーズの種類を見てもらえればわかると思うんですけど、メジャーな種類だけでも、大変な数です。

このチーズ各種において、工房毎に独自の製法がある…と考えて下さい。エグい数の種類になりますね。

チーズ!超奥深い!

 

 

ハロウミチーズの食べ方

さてさて、”ハロウミチーズの製法”の項で、『ハロウミチーズは発酵させないから溶けない』と言いました。

まずは、この点について簡単に解説します。

 

まず、なぜチーズが溶けるかというと、乳酸菌が生産する”酸”が関係します。

チーズの骨格、組織は、チーズに含まれる『タンパク質』によって形成されます。

でも、酸を作用させると、このタンパク質の構造が変化して、組織が軟化(詳しく説明すると10000字必要なので割愛)しちゃうのです。

その状態で加熱するとトローンとしてしまうというわけ…。

 

この辺の知識について、僕はこの本でお勉強しました。

 

専門知識がゼロだとちょい難しいけど、わかりやすく書かれてるから、流し読みでもチーズの基礎知識がイカす感じに習得できます。

 

話を戻すと、ハロウミチーズは、乳酸菌を加えないので、酸によってタンパク質が変性せず、タンパク質の構造が壊れません。

そのため、組織を保ったまま成形でき、煮ても焼いても食感を保てるのです。

ラクレットなんかも焼くチーズって言われるけど、あれもトロトロになるかんね。

 

そして、この独特の食感が、ハロウミチーズ最大の特徴やで!!!

 

ハロウミチーズの食べ方はズバリ、

『焼いて食え!』

一択です。

生で食べても良いけど、生食用なら他のチーズの方が良いと思う。ぶっちゃけ。

 

焼き方は簡単。フライパンにちょーっと油を垂らして裏表焼くだけ。

普通のチーズでは不可能な”焦げ目”が少しつくくらいがベストの焼き加減!

 

こんな感じ!

f:id:salawab:20160110183902j:plain

タイトルにも書いたけど、食感がとても不思議。

オリーブオイルをかけてあげてもいいね!

モキュッ!モキュッ!と歯ごたえがあって、チーズとは思えない食感が味わえます。

味ももちろんサイコーよ!(平野レミの声で)

酸味が無くて、牛乳の風味を残しつつ、ちょうど良い塩味が食欲をそそるぜ!

 

ハロウミチーズの入手法

輸入品を入手するって方法もあるけど、実はこの珍しいチーズが日本でも製造されてるんです。

入手法は主に通販になります。

 

日本でのメジャーな産地は、小岩井農場!

 

 他にも、花畑牧場でも売ってるみたい。

 

ちなみに、”ハロウミチーズの食べ方”に載せた写真は、以前僕が小岩井農場から通販で買ったやつ。

当時の同僚に勧められたんだけど、マジで美味かったぜ!

夕飯のおかずにも良いし、酒のおつまみにも合うね。

あ、未発酵なので、チーズ特有の臭みも無いから、チーズが苦手な子供達でも余裕やで!

 

あー、楽しかった。

もしかしたら、一番書いてて楽しかった記事かもしれないす。

是非是非、ハロウミチーズ食ってけろ。

食品メーカーの元開発員が超おすすめします!

 

【食品科学のおすすめ記事!】

成分比較で食品の正しい知識を知りたい人はこちら

健康と栄養について知りたい人はこちら

みるおか