読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

900点は役立つ?役立たず?実体験から『TOEIC不要論』を考える

英語・TOEIC
スポンサーリンク

 f:id:salawab:20160212210801j:plain

 

まいど!みるおかです。

 

これまで、いくつかTOEICの攻略記事を書かせて頂きました。

 

 

 

書かせて頂いたんですが……

 

 

『TOEICじゃ英語力なんて測れない。』

 

 

『TOEICなんて意味ない。』

 

 

『TOEICなんて必要ない。』

 

 

 いろんなご指摘を頂くようになりました(汗

 

”TOEIC不要論”というやつですね!

 

脳科学者、評論家として知られる茂木健一郎氏が熱く語ってます。

 

 

 

 

なにおう!!

 

とTOEIC記事を書いてる身としては言いたいとこですが…

 

『共感』できる部分があるのも事実です。

 

 

つーわけで、今回は、

 

『TOEIC900点の僕が、TOEICが役立った場面、役立たずだった場面を振り返る』

 

ってテーマで”TOEIC不要論”を語ってみます!

 

【目次】

 

TOEICが役立つ場面

就職活動、転職活動(+院試)

f:id:salawab:20160112232021j:plain

まぁ、ぶっちゃけ日系企業での就活に関しては、新卒、中途問わず有利になりますよ。

TOEIC900…というより800後半あれば、普通の企業なら面接で『すごいねぇ』と言われます。

 

ただ、企業によって評価の仕方が異なる印象を抱きます。

以下の2パターンに分けました。

 

【英語力を評価】

海外展開している企業では、シンプルにTOEICハイスコアを『英語力』として求め、評価する場合が多いです。

その是非は今は置いといて…(後述)

 

少し古いですが、下記のサイトに、企業が社員に求めるスコアがまとまっています。

企業が求めるTOEICスコア一覧

 

最近の記事では、JTBの新卒採用で、2年目から海外勤務を希望する応募者にTOEIC750点を求めるとかなんとか 。

 

『就職ツール』としてのTOEICはまだまだ健在ですね。

 

なお、みるおかは新卒の時、『某外資系タバコメーカー』の技術系採用で…

 

TOEICで足切りされました。

 

…ちなみに、基準スコアは940点

受ける以前に、院卒時点で890点の僕は応募すらできませんでした。キビシー!

 

あと、僕の大学は院試の英語科目がTOEICスコアの提出だけでした。

100点満点に換算されるのですが、860点以上は満点扱いです。

院試直前のスコアは865点

正直、僕のための院試だと思いました。

 

【努力家という評価】

海外展開をしていない企業で、TOEICがどう評価されるか… 

逆に言えば、英語力が求められない企業でTOEICをアピールしたい場合…

(他に持ちネタ探せって話ですが)

 

サークルで頑張りました、アルバイト頑張りました、と同じレベルで良いならアピールは可能でしょう。

 

とりあえず、

『うち、英語使わないけど…』

に対するディフェンスだけは考えておきましょうね。苦笑

 

昇進 or 会社からお金がもらえる

f:id:salawab:20151228003014j:plain

まずはTOEIC公式サイトのリンクを。

TOEIC法人向けサイト|企業・団体での活用事例|昇進・昇格の要件

 

TOEICを昇進、昇格の条件としている企業は結構ありますねー。

 

あとはこんな記事も。

 

お金がもらえます!やっほい!¥¥¥

 

ちなみにみるおかが前に勤めていた会社でも報奨金がありました!

その条件は…!

 

  • TOEIC受験費全額補助(年2回)
  • 新たに700点を取得した場合:1万円
  • 新たに800点を取得した場合:5万円

 

新たに( ^ω^ )

 

新たに……?( ^ω^ )

 

 

『あのぅ、(人事部)さん…僕TOEIC890点持ってるんですけど、報奨金もらえますかー?』

 

 

『新規のスコア取得者なので、対象外ですぅー

 

 

 

クソッタレが!!!

 

いけない…『役立つ場面』からズレてきてるので軌道修正します…!

でも納得いかねーぜ??苦笑

 

実用英語のベースとして

f:id:salawab:20160101143625j:plain

僕自身、『TOEICが英語力の指標となる』とは考えてないです。

 

僕のハイスコア…TOEIC910も、嘘ではなく、凄いとは思いません。

単純にニーズがありそうだから記事書いてる。

 

そもそもトークが無い時点で実用的では無いですよ。

TOEIC SWもありますが、受けたこと無いのでなんとも…

 

ただ、やはり英文法読解力基礎的なリスニング力という面では、実用的な英語学習をする上での土台となると考えています。

 

僕も、本格的にビジネス英会話に手を出したのは900取ってからですが、ベースがあって良かったなーと感じました。

英会話を学ぶにしろ、TOEIC900と600スタートでは、成長率が違うと思いますよ。

 

英会話でモテる

f:id:salawab:20160213224434j:plain

 

ガチ。

 

これはガチ。

 

恥ずかしくない英会話力がある前提ですが…

 

英会話教室でTOEIC900点は、場合によっては大正義になります。

もちろん外資系のキャリアウーマンが集まる上級クラスでは鼻で笑われますが…

日常会話クラスまでは十分通用する。

 

英会話に来るくらいだから、すなわち英語への感度が高い女子。

自然と、TOEICスコアの話にも繋がります。

 

わりとチヤホヤされます。

 

また、生徒じゃなく受付のお姉さんと1回だけ水族館デートに持ち込めたことがあります。

(結局イケメンガチムチ外人と結婚しましたが…可愛かったのに…)

 

明確な役立ち体験を1つ投下しておきました。笑

 

海外旅行 

f:id:salawab:20160213225214j:plain

僕は、海外一人旅が好きで、アメリカ、カナダ、オーストラリアと英語圏には結構行きました。

 

実生活でのシーンにおけるTOEICですが、ちょっと海外旅行に行く程度なら役に立ちますよ。

空港、電車、ホテルマン…TOEICに出てくる単語ばかりですからね。

 

しかし、TOEICを実生活で役立てるには『ちょっとした海外旅行』程度までかな。

 

次の章では役立たなかったシーンを振り返ります。

 

TOEICが役立たずな場面

ネイティブとの会話

f:id:salawab:20160101143622j:plain

大学時代、オーストラリアに2回短期留学しました。

パースとケアンズ。

 

初回はTOEIC550で特攻しました。

 

2回目はTOEIC840取った後です。

 

まぁキツいですよね。

 

オーストラリアは方言がキツイのもあるんですけど、やはりイントネーションやスラングなど、TOEICレベルでは太刀打ちできません。

 

あとはニュース番組

 

TOEICと同じ『綺麗な発音』で喋ってくれますが、スピードは段違いですわ。

ネイティブ相手にTOEICは、ゲーム開始直後にアルケノダイオスに挑むようなもんですよ (FF8参照)。

 

このあたり、"TOEICと実用性"については、もう少し詳しく後述します。

 

根本的に『実用レベル』ではない

f:id:salawab:20160106152014j:plain

 

試験形式が変わるといっても、基礎的なリスニングとリーディングというのは変わりません。

 

実際に英語圏で生活をする、英語でビジネスをするためには足りない部分が多すぎます。

そもそも実用性を求めるなら、『TOEFL』受けろって話ですし。

2回目の留学直後に1回だけTOEFL iBT受けましたが確か90点ちょいくらいだったはず…。

 

やはりTOEICは『不要』なのか…?

 

最後にまとめてみます。

 

 

まとめ:TOEICの意義とは…

『”実用的”にはほど遠い』というのは紛れもない事実です。

 

ただ、個人的には『じゃあ無意味だ』という極論もあまり好きではありません。

 

TOEICの立ち位置としては、

 

『実用的な英語学習に向けた、ベースとなる基礎力作り』

 

と考えています。

この観点で見れば、作り込まれた良いテストだと思いますよ。

 

(元)研究者としては、海外論文の読解という面でも非常に役立ちました。

 

それに、就活にしろ、院試にしろ、『要求スコア』として提示されるのであれば、受験生がそれを活用しない理由はありません。

 

ガンガン受けて、どんどんハイスコアを取っていけば良いと思います。

 

問題は、TOEICを扱う側(企業や学校等)が、『TOEICが本来持つ価値』以上を求めてしまう場合です。

 

何にでもTOEICスコアを使えば良いってもんじゃーないですよね。 

求人の『求めるTOEICスコア』欄が、『求めるTOEFLスコア』に変わったとしたら…どうなるかなー。

 

企業や学校というより国なんだと思いますが、TOEICの特性を理解した上で、もう一度活用法を考えるべきだと思います。

 

僕たちも、何のためにTOEICを受けるのか…ちゃんと考えて勉強していきたいですね。

 

 

【こちらの記事もおすすめ】

 TOEIC500点台の僕が60日で745点になった勉強法を徹底解説!

 僕が半年でTOEIC550→840に上げた勉強法を解説!

 

 みるおか