読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

味覚障害とストレス、うつ:『味がしない…』は危険信号!

健康・メンタルヘルス
スポンサーリンク

ご飯が美味い!!

 

幸せですなぁ。僕は3大欲求の中で食欲が一番です。間違いない。

今でこそ美味しいご飯を毎日食べられていますが、以前の会社では激務とパワハラにより、精神をだいぶやられていました。

 

朝は少しでも寝ていたいから食べず…
昼食も仕事が忙しいので食堂で急いで食べて…
疲れて帰った後の夕食はテンションが上がらず…

 

『ご飯…美味しくないな…』

 

そう思いながら毎日を過ごしていました。

 

今では良い会社に転職でき、食欲も回復して、12kgも太ることができました!(泣)
体型は置いといて、ストレスMAXで毎日が辛かった頃と比べ、今は味の感じ方が全然違うんですよ。

美味しいご飯があれば人生は幸せです。 

そこで、今回はストレスや鬱との関係を中心に、味覚障害について解説していきます!

 

項目が多いけど、各項目できるだけ簡単にまとめていきますので、味の感じ方に違和感を感じた方は是非ご覧ください。

【目次】

味覚の基礎知識

味覚を構成する『5つの基本味』 

まず、味は以下の5つの要素で構成されています。

 

f:id:salawab:20160114233216p:plain

 

1.甘味

お砂糖の味!

…だけではなく、アミノ酸や有機溶媒(!)にも甘味物質があります。
舌のが甘味を認識できる物質は数え切れないほどです。

ちなみに、名探偵コ★ンで重宝されている”クロロホルム”の甘味度は、砂糖の30〜40倍と言われています。

人口甘味料など、化学的な反応でも再現するのが簡単な味覚です。

 

2.塩味

食塩(塩化ナトリウム)の味!

ちなみに『えんみ』と読むのが普通です。

食塩が水に溶けると、”ナトリウムイオン””塩化物イオン”に分かれます。
様々な物質がある甘味と違い、塩味は主にこの2つの物質が構成する味になります。

人間は1〜2%程度の塩分を好み、それ以下だと塩味を感じず、それ以上だとしょっぱすぎて受け付けません。
人により感度はそれぞれですが、五味のうち、舌が最も敏感に感じ取れるのが塩味です。

 

3.酸味

酸味!これはこれで塩味や甘味と違った特徴があります。

pHって聞いたことあると思います。酸の強度で、低いと酸が強いことを示します。
pHは1〜14の範囲内で、中性が7となります。

概ね、酸味はpH4以下から感じ始めます。

ちなみにレモン果汁はpH2〜3、りんごはpH4程度です。ほとんどの果物は酸性食品ですね。

 

4.苦味

苦味は、お茶に含まれるタンニンや、コーヒーや栄養ドリンクのカフェインから感じられます!

苦味物質だけではなく、”酸味”の対極でもあって、pHが高い、すなわちアルカリ性だと苦味を感じることが多いです。

 

5.旨味

最後に旨味!これは日本人が見つけた味です。
酵母エキスについて書いた過去記事で詳しく解説しています。

これ以外に、味覚のサブカテゴリとして”辛味””渋み””コク”などが挙げられます。

 

『舌』の機能

f:id:salawab:20160114234938j:plain

舌の先の細胞にある”味蕾”という器官が様々な物質を認識し、味覚として脳に伝えます。

 

味蕾の感じ方や数は人それぞれ違いますし、加齢や喫煙でも機能が衰えます。
また、”おいしい”の感じ方も人それぞれ!
これは味蕾に加えて、それまでの食生活なども影響してきます。

『舌には甘味、酸味等を感じる場所が分かれてる』という説がありますが、最近は『舌の場所によって、それぞれの味の感度に差は無い』というのが定説です。

五味を感じる場所が分かれているのではなく、味全体を感じやすい場所が舌の中で点在しているのです。ややこしいですね。

 

味覚障害の種類

f:id:salawab:20160115000150j:plain

やっと本題に入ります。

 

味覚障害は主に下の5種類です!

 

  1. 味覚減退、消失:味の感じ方が鈍くなる。
  2. 異味症:本来の味と違う味を感じる
  3. 悪味症:何を食べても不味くなる。
  4. 解離性味覚障害:特定の味、例えば甘味だけ感じなくなる。
  5. 自発性異常味覚:何も食べていないのに味を感じる。

 

それぞれ、加齢やストレス、栄養不足、喫煙…など様々な原因が考えられます。

味覚障害の原因については以下で解説します。

 

味覚障害の原因

f:id:salawab:20160115013007j:plain

味覚障害の主な原因は下の4点。

特に、ストレスやうつに関係する項目は、特に【!】がついてる項目を見てください。

 

【!】栄養不足(亜鉛不足)による味覚障害

味覚に影響する栄養素と言えば、『亜鉛』ですね。
多くの学術論文で報告されていますが、亜鉛が関わっているのは、味覚そのものというより、細胞の新陳代謝というのが定説です。
亜鉛不足になると、細胞の入れ替わりが停滞しがちです。
舌の細胞も新陳代謝が良くないと機能が衰えていくんですね!

 

亜鉛は薬剤やアルコール摂取によっても失われますが、重要なのは、細胞に負荷がかかる時に亜鉛を消費されるということです。
細胞に負担(喫煙や飲酒、ストレス)をかけてると、どんどん亜鉛は減っていき、味覚障害につながるというわけです。

  

  

【!】薬剤による味覚障害

【参考記事】

味覚障害のアドバイス|一般社団法人 宮城県薬剤師会

副作用疾患別対応マニュアル 薬物性味覚障害(厚労省)

 

僕は一時期、睡眠薬代わりに精神安定剤(メイラックス)を飲んでたのですが、これも味覚障害が副作用として挙げられています。
心因性の味覚障害(後述)に対しては回復効果が見られる、と言われているので、どちらが優勢になるかは人それぞれですが…。

薬剤による味覚障害も、亜鉛が関係してきます。

医薬品の中には、亜鉛の吸収阻害や、利尿作用による亜鉛排出の促進という副作用があるので、結果として味覚障害につながることが多いのです。

亜鉛は本当に大事だ…。

 

舌の傷み、病気による味覚障害

これはそのままですね。
喫煙や刺激物によって舌が傷ついたり、加齢によって味蕾の感度が落ちたりします。 

怖いのは”脳出血””脳梗塞”による味覚障害ですね。
味覚も最終的には脳の判断なので、脳の味覚中枢が逝ってしまえばそれまでです…。

 

【!】心因性の味覚障害

これもストレス、鬱が関わってくるところです。

メジャーな原因はストレスによる唾液の分泌低下ですね。

口内が潤っているほど、物質は拡散しやすく、舌の細胞にも届きやすいですからね!乾燥状態では細胞も働きにくいです。 

 

現代病…

最近は

『濃い味に慣れすぎて……』

って人も多いですね。

僕はお仕事で味見(官能評価と言います)をするので、定期的に練習してますし、社内で試験もあります。
めちゃくちゃ薄い濃度の”基本五味”の液体を見分ける試験や、濃度差順に並び替える試験など…

落ちると開発担当から外されることもある(!)から大変ですよ。一緒に修行しませんか?笑

 

対策と治療法

f:id:salawab:20160115013027j:plain

味覚障害って病気なの?

上述の通り、味覚障害にも色んな種類、原因があります。

治療の対象になるので、病気に間違いはないのですが、原因によって受診すべき科が違ってくるので気をつけましょう!

 

主な治療法

まず、受診すべきは『耳鼻咽喉科』 

意外?かもしれませんが、ここでは味覚障害のテストなども受けられます。

小さな病院ではやっていないかもしれませんが、味覚障害を診てもらえるか確認してみましょう。

 

また、ストレスうつが原因の場合は、『心療内科』『精神科』の先生と連携して治療することになります。

薬剤の量によっては、味覚に影響を与えないこともありますし、亜鉛のサプリや食事によって改善できることもあります。

あと、味覚異常のための漢方もあるらしいけど、漢方は判断が難しいからねー。

十分に相談しながら、治療すべきでしょう!

 

味覚障害とストレス・鬱の対策まとめ

精神的なストレスが引き起こす味覚障害のキーワードをまとめると、

  • 医薬品の副作用
  • ストレスによる唾液分泌低下
  • 亜鉛の欠乏症

です。

まとめてみてわかるのは『亜鉛最強説』ですね!これヤバイな!!

 

1日に30mg程度が適正摂取量らしいんで、サプリや普段の食事で調整したいところです。
あ、ちなみに海外のサプリだと500mgとかのもあるらしいですが、内臓的への負担が大きいので適正摂取を心がけましょう!

 

日本のサプリメントは適正摂取量を意識したものが多く、カキなどの生物由来のエキスに、各種栄養素を配合して”吸収率”を意識した商品も多く発売されていますね。

このサプリメントでは亜鉛に加えて、ビタミンB群各種やセサミンなど、普段の生活で意識して摂取したい栄養素が多く含まれています。

 

こちらは少しリーズナブルですが、マカなどパワー源となる素材と組み合わせており、味覚だけではなく、普段の生活にハリを出したい人も対象の商品ですね。

 

味覚障害で医者に診てもらったことはないですが、こう見ると味覚もストレスチェックの重要な指標になりますね。

日々のストレスと栄養摂取に気をつけて、大事になる前に対処していきましょう!

 

 

【食品科学のおすすめ記事!】

成分比較で食品の正しい知識を知りたい人はこちら

健康と栄養について知りたい人はこちら

 

【この記事の主な参考文献、参考HPはこちら】

公益財団法人塩事業センター
味覚ステーション~世界一面白く食品・栄養・味覚を学べるサイト~
味覚障害 | 病気について理解しよう | 治験情報ネット
CiNii 論文 -  亜鉛欠乏による味覚障害ラットの味蕾細胞の turnover について
サプリメント大学 | 成分情報満載のサプリ
味覚障害のアドバイス|一般社団法人 宮城県薬剤師会

 

 みるおか