MENU

日本人のグアム旅行者が減少している理由がわかった

スポンサーリンク

僕は海外旅行が好きです。

ここ数年はあまり行けていませんが、学生時代から、アメリカはニューヨーク、ロサンゼルス、カナダはトロントからナイアガラの滝へ旅行しました。
オーストラリアではパースとケアンズという2都市に短期留学していたこともあります。

大学院時代の卒業旅行は、研究室の皆とグアムへ。
ツアーパックを探したら、3泊4日で39,800円(飛行機、宿代)という値段でした!

『え、グアムってこんな値段で行けるんだ!』

とはしゃいでいた思い出があります。

値段が値段だけに心配していた宿はしっかりしたホテルで、海も目の前。

f:id:salawab:20160205124722j:plain

こいつはホテル前の海岸で撮った写真。海が綺麗すぎる!
卒業旅行シーズンにしては破格の価格で行けて最高でした。

コスパ計算大好きな僕でも大満足の卒業旅行でした。

しかし、グアムに行ってみて残念だった点もいくつか…

今回は『日本語ばかりでつまらない』とも言われるグアムについて、実体験を基に振り返ってみます。 

【目次】

グアムは日本語ばかり…は本当? 

f:id:salawab:20160205125112j:plain

結論、本当です。

 

もはや外国人がちょっと多い日本です。

 

個人商店のおっさんも日本語を喋ります。
ホテルマンだとほぼネイティブの日本語です。
『タクシー乗り場』という看板があります。
タクシーの運転手が『どちらへ行かれますか!?』と話します。

海は綺麗、観光スポットも沢山、人も皆優しい…
素晴らしい島…それは間違いない。

ただ、僕の印象は、

沖縄でも良かったんじゃないか

でした。
ただし、観光客数も多いグアムは、ツアー料金が沖縄より安いこともしばしば。
航空時間が8時間程度と沖縄よりは長いですが、海外旅行なら短い方。
国内感覚でいけるリゾート地でもありますね。

日本と違うことといえば外食で提供される料理のサイズくらい。
特大の肉を焼いた塊が露店で売ってるのは、さすが外国って感じでしたが… 

『グアムって英語話せなくても大丈夫って本当?』

に対しては、英語が話しても問題ありませんし、むしろ外国人が全員日本語で話しかけてくるので英語を使わせてくれないレベルです。

ちょっと肩透かしを喰らった感じでしたね。

 

グアム観光産業の現状

旅行者に占める日本人の割合

f:id:salawab:20160205124535p:plain

2008年の全訪島者における日本人の割合(日本人率)は約75%だったが、最新の月別訪島者数(2009年 9 月速報値)では、総数9万2126人に対して日本人7万8650人であり、「日本人率」は約83%だった。

出典:米領グアム島にみる日本人観光の特性とその歴史性

少し古いデータですが、グアムへの旅行者は8割が日本人です。
この文献では、グアムの観光産業と日本人の関係について、学術的に言及されていて、とても面白かったです。
旅行者数自体は減少傾向にあるみたいですが、本当にすごい割合ですね。
グアムは観光がメイン産業ですから、各施設が日本仕様になるのは仕方ありません。

 

日本人の旅行者は減少傾向

f:id:salawab:20160205132518j:plain

グアム政府観光局の公式HPで、日本人のグアムへの渡航者数推移を調べてみると、ここ10数年は減少傾向が続いています。
反対に、”韓国人率”は上がっています。

しかし、元々旅行者に占める割合が、日本人8割に対し、韓国人は1割以下です。
大口顧客である日本人観光客の減少はグアムにとっては大打撃ですね。

安い、綺麗な海、規格外の料理(おいしい)…
魅力はたくさんあるのになぜ日本人観光客が減ってしまうのでしょうか。

 

”日本人贔屓”なクラブでの思い出

f:id:salawab:20160205132808j:plain

当時の僕は、

『海外来たならクラブ行くだろ!!?』

という少し頭の悪い思想を持っていました。
本質が理系のコミュ症なので、日本では小さく縮こまってますが、海外に行くと態度が大きくなるタイプです。苦笑

僕は洋楽や EDMが大好きなこともあり、友人とグアムで最も有名なクラブへ遊びに行きました。
DJが片っ端から洋楽メインストリームのEDMやR&Bを流し…

 

そしてフロアに溢れる日本人。

 

『(…渋谷かな?)』

 

というのが正直な感想でした。

どことなく期待外れな感覚…。

それでもせっかく友人たちと行ったので、内輪でカクテル飲みながら、見よう見まねで踊ったり、なんだかんだ楽しんでいました。
そして、最後… 

DJが放つラストトラック…

『Hey!JAPA〜〜 N!!!』

『元気ぃーーー!!??』

 

超冷めた。 

 

さすがに日本語は…
つーか『JAPAN』って言ってしまってるし。
少なからず日本人以外のアジア人や、欧米人も混ざっているにもかかわらず。

 

『 Today's last....』

『Automatic!』

 

 

それまでEDMが響いていたフロアに流れる宇多田ヒカル

真顔になりました。

"Hey!JAPAN!元気!?"にも動じず、バカみたいにはしゃいでた若者達も真顔に。
全員が感じる圧倒的なコレジャナイ感…。

対して、外人DJの『お前らコレ待ってたんだろ?!』が前面に出ているドヤ顔。

フロアに漂う『(違う、僕らはこれを聞きにグアムのクラブに来たんじゃない)』という一体感。

いや、宇多田は大好きなんですけど。
アルバムも全部持ってたんですけど。 

『それは違うよね?』 

という感情が…。

無理に日本人に寄せすぎて、他の国の旅行者だけではなく日本人すら冷めているようなサービスが目立ちました。

 

海外旅行に求めるのは『非日常』では?

グアムへの渡航者で日本人の割合が減少しているという話ですが…その一因は『日本語が通じる』どころじゃない圧倒的な『日常感』です。

日本人に特化しすぎた結果、日本人に寄り過ぎてしまい、結果として多くの人が海外旅行に求める『非日常』が、グアムから失われたのではないかと思うのです。 

少なくとも、僕は海外に行くときは『非日常』を求めています。
知らない人、知らない文化、日本語が通じないスリルに突入するのが目的です。

グアムの海やショッピングは十二分に楽しめました。
景色も最高。

しかしこの状態なら、しっかりと日本語が通じて便利な沖縄の方が良いじゃない!とも考えられます。

グアムの観光産業と、日本人観光客が求めるものにギャップがあるように感じました。

 

それでもグアムが好きな理由

グアムに海外としての文化や英語環境などを求めている人は期待ハズレに終わると思います。
しかし、青く澄んだ海や、いかにもカロリーの味がしそうな肉料理、リゾート地仕様のショッピングモールや、射撃体験場、ちょっとエロいお店など、グアムにも楽しめる場所はたくさんあります。

そして海の前の広いホテル、そして航空券が、沖縄旅行以下の価格で買えることは大きなメリットです。
グアムにしろハワイにしろ、言語から買い物、施設まで日本人が生活する環境は揃っていますから、海外デビューしたい人や、英語に自信がない人綺麗な海があるリゾート地でリラックスしたい人には本当にオススメの場所です。

海外旅行に何を求めるか。

自分の中でそれが明確になっているなら、グアムを最大限楽しめますよ。

 

グアムに格安で旅行する方法

海外旅行が初めてなら格安ツアーパックを

格安航空券や掘り出し物のホテルなどを組み合わせれば、相場よりもかなり安く海外旅行できますが、慣れていない人は、安いだけで交通の便やサービスが悪かったり、危険な地域のホテルを選んでしまうこともあります。

旅行代理店も格安航空券や各価格帯のホテルからユースホステルまで扱っていますし、海外旅行ビギナーは自分の希望や予算を伝えツアーパックを選んでもらいましょう。

大学生は生協などで学割込みの格安ツアーを選べます。
社会人の方も、海外旅行に慣れていない人はJTBなどの大手旅行代理店が扱うツアーパックをおすすめします。

 

【Expedia】ホテルと航空券をカスタマイズしてコスパ最強に!

少し海外旅行に慣れてきたら、自分でツアーを組んでしまうのも楽しいですよ。

【Expedia Japan】旅行予約のエクスペディア

僕は海外旅行するときはエクスペディアで格安のホテルユースホステルを探します。都会に近く(=治安が良い)、交通機関が発達している場所に限りますが。
航空券は色んなサービスや旅行代理店と比較しますが、エクスペディアのホテル+航空券パックはとにかく掘り出し物が多い!
結局エクスペディアだけで海外旅行のプランが決まってしまうこともしばしば…

特に僕は拠点を移動しながら海外旅行したいので、ホテルが決まっているツアーだと融通が効きません。自分で宿泊場所をカスタマイズできるエクスペディアが必須!

少し長めに休みが取れて、いろんな場所を巡りたい人は、エクスペディアでホテルを探しながらプランニングすると面白いですよ。

 

おわりに

初めてのグアム旅行は色んなトコロが気になってしまいましたが、リゾート地としては本当に素晴らしい場所です!

観光業が日本向けによっているとはいえ、グアムの開放感、海、モノはストレスを全て忘れさせてくれました。

グアムの良いトコ悪いトコは行ってみないとわからないはず!
こんなに安く行ける海外もありません。
グアムに行ったことがない人はぜひ一度旅行して、グアムを体感してきてください!それでは。