読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

日本人のグアム旅行者が減少している理由がわかった

旅行
スポンサーリンク

僕は海外旅行が好きなんですよ。

ここ数年は、全く行けてないですが…。

 

学生時代から、アメリカはニューヨーク、ロサンゼルス、カナダはトロントからのナイアガラの滝へ、オーストラリアではパースとケアンズという2都市に短期留学してました。

 

そして大学院時代の卒業旅行は、研究室の皆とグアムへ。

生協で頼んだら、3泊4日で39,800円(飛行機、宿代)という値段!

 

『え、グアムってこんなんで行けるんだ!』

 

とはしゃいでいた思い出がありんす。

 

とはいえ、宿はしっかりしたホテルで、海も目の前。

f:id:salawab:20160205124722j:plain

こいつはホテル前の海岸で撮った写真でやんす。きれい!!

 

卒業旅行シーズンにしては破格の価格で行けたのでした。

 

みるおかはケチで『コスパ』とかめっちゃ気にするタイプなので…

www.recomtank.com

 

そんな僕でも大満足の卒業旅行だったのです。

 

しかし、残念な点も…

 

今回は、『日本語ばかりでつまらない』とも言われるグアムについて、実体験を基に振り返ってみます。

 

【目次】

グアムは日本語ばかり…は本当? 

f:id:salawab:20160205125112j:plain

 

あ、もう結論言うと本当です。

 

もはや外人が多い日本です。

 

個人商店のおっさんも日本語を喋ります。

ホテルマンだとほぼネイティブの日本語です。

『タクシー乗り場』という看板があります。

タクシーの運転手が『どちらへ!?』と話します。

 

海は綺麗、観光スポットも沢山、人も皆優しい…

素晴らしい島だ…それは間違いない。

 

ただ、僕の印象は、

 

沖縄と変わんなくねぇ?

 

でした。

 

しいていえば、飯くらいか。

アメリカサイズの肉を焼いた塊が露店で売ってるのは、さすが外国っぽかったですが。

 

『グアムって英語話せなくても大丈夫って本当?』

 

 に返答するなら、

 

『大丈夫だよ!むしろ全員日本語で話してくるから、英語使わせてくれないよ!』

 

のレベルでした。

 

ちょっと肩透かしを喰らった感じ。

うーむ…

 

グアム観光産業の現状

旅行者に占める日本人の割合

 f:id:salawab:20160205124535p:plain

 

 少し古いデータですが、

2008年の全訪島者における日本人の割合(日本人率)は約75%だったが、最新の月別訪島者数(2009年 9 月速報値)では、総数9万2126人に対して日本人7万8650人であり、「日本人率」は約83%だった。

出典:米領グアム島にみる日本人観光の特性とその歴史性http://www.kansai-u.ac.jp/Keiseiken/publication/material/asset/chosa107/107_05.pdf

 

グアムへの旅行者は8割が日本人!

旅行者数自体は減少傾向にあるみたいですが、すげー割合ですね。

観光がメイン産業でその状態じゃ、そりゃー日本仕様になるわな。

 

この文献では、グアムの観光産業と日本人の関係について、学術的に言及されていて、とても面白かったです。

 

日本人の旅行者は減少傾向

f:id:salawab:20160205132518j:plain

グアム政府観光局の公式HPで、日本人の渡航者数推移を調べてみると、ここ10数年は減少傾向が続いています。

反対に、”韓国人率”は上がっているみたいです。

 

しかし、元々旅行者に占める割合が、日本人8割に対し、韓国人は1割以下。

グアムにとっては大打撃ですね。

 

景気もあるだろうけど、どんどん減るのはなんででしょー?

普通に楽しいのに。安いし。

 

科学的ではないですが、実体験からちょっと考察してみます。

 

 

クラブにて

f:id:salawab:20160205132808j:plain

 

当時の僕は、

 

『海外来たならクラブ行くだろ!!?』

 

という少し頭の悪い思想を持っていました。

本質が理系のコミュ症なので、日本では小さく縮こまってますが、海外に行くと態度が大きくなるタイプ。

 

どことは言いませんが、グアムで有名なクラブへ遊びに行きました。

僕はリズム感がゴミなのであまり踊りませんが、洋楽や EDMが大好きなのです!

 

DJが片っ端から洋楽メインストリームのEDMやR&Bを流し…

 

 

そしてフロアに溢れる日本人

 

 

 

『(…渋谷かな?)』

 

が正直な感想でした。

どことなく期待外れな感覚。

 

友人たちと行ったので、内輪でカクテル飲みながら、見よう見まねで踊ったり、なんだかんだ楽しんでいました。

 

そして、最後…

 

DJが放つラストトラック…

 

DJが言う。

 

 

 

『Hey!JAPA〜〜〜〜〜 N!!!』

 

 

 

『元気ぃーーーーーー!!??』

 

 

超冷めた。 

 

いやあかんやん。

 

さすがに日本語はあかんやん。

つーか『JAPAN』言っちゃってるし。

一応、日本人ぽくないアジア人や、欧米人もちょびっと混じってるけど…。

 

 

『 Today's last.......』

 

 

 

『"Automatic!!!"』

 

それまでEDMが響いていたフロアに流れるあの出だし。

 

テュクテュクテュクテュク!ル〜〜ル〜〜ルル〜♪♪

 

から始まるあのトラック。

 

(°_°)の顔になりました。

 

"Hey!JAPAN!元気!?"にも動じず、バカみたいにはしゃいでた若者達も(°_°)の顔になりました。

 

圧倒的なコレジャナイ感。

 

外人DJの『お前らコレ待ってたんだろ?!』が前面に出るドヤ顔。

 

フロアに漂う『(違う、僕らはこれを聞きにグアムのクラブに来たんじゃない)』という一体感。

 

いや、宇多田は大好きなんですけど。

アルバムも全部持ってたんですけど。

 

 

『いや、違うよね?』

 

 

って話ですよ。

 

 

海外旅行に求めるのは『非日常』では?

前の項で、グアムへの渡航者で日本人の割合が減少しているという話ですが…

 

その”一因”がわかった気がしました。

 

”『日本語が通じる』どころじゃない圧倒的『日常感』”ではないかと。

 

日本人に特化しすぎた結果、日本人に寄り過ぎてしまい、結果として多くの人が海外旅行に求める『非日常』が、グアムから失われたのではないかと思うのです。 

 

少なくとも、僕は海外に行くときは『非日常』を求めています。

知らない人、知らない文化、日本語が通じないスリルに突入するのが目的です。

 

グアムの海やショッピングは十二分に楽しめました。

景色も最高。

 

でも、この状態なら、しっかりと日本語が通じて便利な沖縄の方が良いじゃない!てのが正直な感想。

 

グアムの観光産業と、僕ら(と言っていいかわかりませんが)の求めるものにギャップがあるんじゃないのかなぁ…と思うのです。

 

まぁ、4万弱で行けるなら、十分元は取れるほど楽しめるんですがね。

ちょっと残念な部分が見えてしまった話でした!

 

……ヨーロッパ行きたいなぁ(遠い目)

 

みるおか