読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ポケモンサン・ムーン:メインストーリークリアの感想!良かった点悪かった点をまとめてみた【プレイ時間、殿堂入りレビューなど】

アプリ・ゲーム
スポンサーリンク

f:id:salawab:20161119120115j:plain

2016年11月18日に発売されたポケットモンスター サン・ムーン
発売日に店頭で手に入れて、四天王倒してきました!

早速、メインシナリオ(エンディングまで)クリアの感想、ストーリー攻略のポイント、シナリオの感想などを書いていきます!

第七世代となり、システムも大幅に変わったポケモンSM。
結論から言ってしまうと、メインストーリーはこれまで不満だった点がかなり改善されており、非常に面白かったです!
初心者から廃人まで楽しめるように調整されたメインシナリオでしたね!

気になった点もいくつかありますので、良かった点、悪かった点をメインストーリー攻略に焦点を当ててレビューしていきたいと思います。
是非参考にしてください!

ネタバレは少なめですが、ポケモンサンムーンのストーリー攻略のカギとなる人物、ポケモンなどにも言及しています。完全ネタバレなしで進めたい方はご注意ください。

【目次】

登場人物について 

ヒロインは言うことなし!

今回のヒロインは白コーデが印象的なリーリエちゃん。 

  • 初期に困っている所を主人公が助ける
  • 闇が深いバックグラウンドを持つ
  • ストーリーを通じて弱さを克服する
  • ストーリーの鍵を握る
  • うるさすぎず、おとなすぎず、しつこすぎず
  • 可愛い

王道ヒロインを完璧にこなしていました。
アクのない素直な性格なので、ヒロインにスパイス要素を求める方でなければ文句はないかと!

最後までストーリーにしっかり絡んできますが、エンディング後の決断もメインシナリオのオチを完璧に締めていました。

ライバル2人に気になったこと

f:id:salawab:20161119122203p:plain

出典:ハウ|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

気になったのが、アローラ地方で親友となったハウ、スカル団用心棒のグラジオです。
リーリエはバトルしませんが、この2人はストーリー中で何度かバトルをすることになる、いわばライバルです。

その割に少し印象が薄い気が…。
ハウ底抜けに明るい楽天家な感じなので、しつこすぎない感じで丁度良いかもしれません。超いい奴!

ただ、グラジオはもう少しストーリーに絡んで欲しかったなぁ…
メインシナリオの重要人物であり、要所要所に出てきてバトルをふっかけてくるにも関わらず、大事な場面での出番や印象的なセリフが少なく感じました。

あのキャラならミツルくらいマジキチになっても良いと思います。

 

スカル団とエーテル財団の立ち位置…

エーテル財団のヒールっぷりは文句なしですが、スカル団の立場が…。

毎回、悪役として登場する『〜〜団』ですが、脇役感がかなり強かったです。
ORASのアクア団・マグマ団みたいな超悪党でもなく、ただのチンピラ集団だったのがかなり残念だった…苦笑

エーテル財団の引き立て役として登場させたのでしょうか。
下っ端は全体的にバカで可愛らしいので和みました。笑

 

スイレンちゃんかわいい

f:id:salawab:20161119124608p:plain

とっても可愛かったです。

 

新システムについて

ポケモン第七世代の変更点は>>【ポケモンサン・ムーン】新システム、変更点まとめ【第七世代(SM)情報】

初心者にも優しくなったシステム

さて、新シリーズ毎にストーリーやシステムが濃厚になっていくポケットモンスターですが、今回も例外ではありません。
その代わり、小学生や新規さんでも楽しめるシステムも導入され、ストレスなくストーリを進めるのがナイス!

f:id:salawab:20161119124903j:plain

例えば、3DS下画面のロトム図鑑には、ニコニコマークの現在地に加え、フラッグで目的地が示されます。
サン・ムーンではトレーナーとのポケモンバトルがかなり骨太になっているため、ストーリーがサクサク進められるのは助かります。

ロトム図鑑が可愛い!

f:id:salawab:20161119125321j:plain

とっても可愛かったです。
出てきて電気要員として戦ってもええんやで(切実)

ストーリー攻略について

今回、メインストーリークリア(エンディング後のレポート時点)にかかった時間は16時間50分でした。

  • シナリオを進めることを最優先
  • ポケモンは捕まえたことがなければ捕まえる
  • 基本的に道具は全部取る(見つけられる範囲)
  • 厳選は無し

でのデータです。

アイテム入手が簡単なのが助かる

今回はボールや回復アイテムをくれる人がめちゃくちゃ多いです。笑
その代わり消費することも増えましたが…。

ザコばかりだったトレーナー戦の難易度を上げて、バトルに張りを持たせつつ、回復アイテムを大量に与えることでバランスを取っている感じでしたね。

 

【改良点】ボックスに勝手に転送されない

第六世代(XY・ORAS)では、手持ちポケモンが6匹埋まっていると、捕まえたポケモンが勝手にボックスに送られていましたが…

f:id:salawab:20161119130204j:plain

今作では、捕まえた後に手持ちに加えたり、強さを見て判断することができます。
ストーリー途中に捕まえて『あ、このままスタメンに入れたいな。』って時ありますよね。
特に序盤はスタメンがどんどん入れ替わるので、いちいちポケモンセンターに戻らなくて良いのは助かります!

 

ジムリーダー&バッジ廃止は少し残念

今回はバッジ集めの代わりに『試練』を乗り越えてシナリオを進めます。
このシステムに文句はないんですけど、やっぱりジム戦がなくなったのは少し残念かなー。

シナリオの流れを切らないように試練が組み込まれている感じなので、イマイチ『イベントクリアした感』が湧きづらかったです。
その代わりに『しまキング』『しまクイーン』がいるのですが…
あのジム戦の締まった感じが少し懐かしくなりましたね。

 

【超改良点】『ポケモンライド』でひでんマシン廃止という神判断

f:id:salawab:20161116065034j:plain

今作のベスト改良はひでんマシン廃止ですよ。ホントに。

今作では『ポケモンライド』というシステムがあり、対応するポケモンに乗って障害物を乗り越えていきます。
ライド用ポケモンの主な役割は以下の通りです。

ライドポケモン 能力
ケンタロス 移動速度UP、いわくだき
ムーランド 隠しアイテム探し
バンバドロ 岩場でも進める
カイリキー かいりき(岩を押す)
ラプラス なみのり
サメハダー なみのり&海のいわくだき
リザードン そらをとぶ

これらは手持ちとは別のポケモンになるため、何が最高というと旅パにひでん要員が不要になるのです!

そらをとぶ要員、なみのり要員、いわくだきかいりき要員…
毎回2〜3匹必要でしたよね。

バーティの枠を圧迫して困っていましたが、今回はガチの旅パを6匹組めるってわけ!すばらしいです!

 

敵が強いぞ!?

さて、6匹しっかりと育てたポケモンでバトルが出来るわけですが、今回はトレーナーやボス、ぬしポケモンがめちゃくちゃ強いです。

前作までは、一般トレーナーは一発でハイさよならーみたいなバトルが多かったですが、今作はそうはいきません。
一般トレーナーでも高レベル、高種族値のポケモンをガンガン使用してきます。
ストーリーの作業感がなくなり、ちゃんと考えてバトルしないと、ポケモンセンターとダンジョンを往復することになりますよ!

サクサク進むんだけど、けっこう難しいという絶妙なバランスです。
ストーリー難易度のバランスは歴代ナンバーワンじゃないですかね!?

【関連記事もチェック!】

 

『旅パ』に迷った!鈍足ポケモンが多くて困る…

旅パには結構悩まされました…特に新ポケモン!
レート戦では使いたいポケモンが多いのですが、いかんせん種族値が変に尖っているポケモンが多すぎて使いずらい…苦笑
特に、サン・ムーンでは素早い新ポケモンが少ないんですよね。
既述の通り、トレーナーも結構強く、先制されることが多かったです。

シナリオクリアは『フルアタ高速高火力』が正義じゃないですか。
この点は既存のポケモンの方が使いやすかったです。サトシゲッコウガゲンガーには助けられました…

 

根性があればレアポケを狙おう!

旅パに迷った…というのも、高種族値の野生ポケモンの出現率がめっちゃ低いんですよ。当たり前ですが。

例えば、サン・ムーンでは、超序盤の3番道路でボーマンダに進化するタツベイが入手できるのですが『1時間以上粘ってようやく捕まえた挙句、直後にカセットが抜けてレポート地点からやり直しになる』という悲劇を味わいました。
結局2回目はスルーしました。しにたい。

タツベイの他、イーブイキュワワーダンバルガバイトなど強力なポケモンも野生で捕まえられますので、パーティに入れたい人は粘りましょう!

 

旅パ紹介

最後に、僕の殿堂入りメンバーを紹介します!
一般トレーナーやぬしポケモンが強くて苦労したのですが、四天王は普通に倒せました。
サン・ムーンおすすめのポケモンは別の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてください!

【人気記事をチェック!】【ポケモンSM】旅パ用おすすめポケモンまとめ

 

殿堂入りポケモン

アシレーヌ(みず・フェアリー) Lv58
ハイドロポンプ/うたかたのアリア/サイコキネシス/ムーンフォース

御三家の水です。
水枠というよりもフェアリー&サイキネ要員として活躍してくれました。
今回の御三家最強の特攻はさすがです。
フェアリーアタッカーにめぼしいポケモンがいなかったので助かりましたね。

 

サトシゲッコウガ(みず・あく) Lv60
みずしゅりけん/じんつうりき/れいとうビーム/つじぎり

体験版から連れてきたポケモン。いれくれて助かった…。
水がアシレーヌとかぶっていますが、両者サブタイプが優秀で器用に動けるので問題ありません。何より速い!
きずなへんげからの高火力も素敵でした。

 

ゲンガー(ゴースト・どく)  Lv54
ヘドロばくだん/サイコキネシス/めざめるパワー(草)/シャドーボール

たまたま捕まえたゴースを採用しました。たまたまですが、めざ草だったのも幸運でした。
本当にゲンガーがいなかったらヤバかったです。
毒、霊、草+サイキネという範囲が非常に刺さり、ゲンガーでしか倒せないバトルも多々ありました…
フーディンと迷いましたが、器用さでゲンガーの勝ちです。

 

ウィンディ(ほのお) Lv50
かみくだく/げきりん/フレアドライブ/かえんほうしゃ

貴重なほのおポケモンです。
出番は少なかったですが、他のポケモンだと草や鋼がキツかったので、要所要所で活躍しました。
フレドラ覚えるまで進化させなかったから大変でした。

 

クワガノン(むし・でんき) Lv52
アクロバット/ラスターカノン/シザークロス/10まんボルト

高火力で四天王だけ活躍してくれました。

進化条件が4つ目の島の最後のダンジョンでレベルアップとか、ストーリーで使うと地獄を見るので皆さん気を付けましょう。クソ遅いし。
電気はコイルで良かったと思ってます(涙)

 

ソルガレオ(エスパー・はがね) Lv58
メテオドライブ/ストーンエッジ/かみくだく/しねんのずつき

四天王直前で捕まえたパッケージの伝説ポケモンです。
ほとんど使いませんでしたが、エスパー・はがねなので、他のポケモンをいい感じに補完しています。
ちなみに直前までルガルガン(まひる)がいましたが、弱いし、技覚えないし、そもそも岩必要じゃないしでサヨナラしました…
Lv45くらいだったけど2回くらいしか戦ってないのでは…

おわりに

ポケモン サン・ムーンは、

『子供から大人まで楽しめる』

というコンセプトをかなり洗練してきた印象です!面白かった!

新システムが増えすぎて大丈夫かな…と思っていましたが、シナリオはこれまでで一番楽しめたかもしれません。
バトルのバランス調整がかなり効いていますね!最初から最後までダラけずに楽しめます。

それでは新しいポケモンシリーズ、皆で楽しみましょう! 


【その他のポケモン関連記事はコチラ】