読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

パルテノ(濃密ギリシャヨーグルト)をプロが徹底レビュー!まるでクリームチーズの高級感

食レポ・レシピ
スポンサーリンク

最近、市販のヨーグルトは大きく2つのパターンに分けられますね。

 

まずは、腸内環境や免疫力向上などの健康効果を目的としたヨーグルト。正式には機能性ヨーグルトと言います。

プロバイオティクスで歴史のある、明治乳業の『明治ブルガリアヨーグルト』や、免疫力向上をアピールしている『プロビオヨーグルトR-1』などが該当します。

 

そして、舌触りや濃厚さなど、味をアピールした嗜好性特化のヨーグルト。

森永乳業の『パルテノ(濃密ギリシャヨーグルト)』や小岩井乳業の『プレミアムクリームヨーグルトグルメファン』などですね。

 

最近は『高千穂牧場飲むヨーグルト』や岩手の『岩泉ヨーグルト』など、牧場自家製をアピールした商品も活気付いています。

 

 

そんで今回は、僕がずっと気になっていたヨーグルト…

 

f:id:salawab:20160418230750j:plain

 

店頭のヨーグルトコーナーで一際目を引くデザイン。

 

パルテノ(濃密ギリシャヨーグルト)!!

 

(コーポレートサイトは【リンク:PARTHENO | パルテノ(濃密ギリシャヨーグルト)へ!)

 

右がブルーベリーソース入りで、左がはちみつソース付きのプレーンヨーグルトです。

一度食べてみたかったんですけど、ついつい買い忘れちゃって。

ヨーグルトといえば『さっぱり』ってイメージが強いですけど、そんな中で『濃厚さ』を思い切りアピールしているこのヨーグルト… 

 

食品メーカーの中の人、もといヨーグルトオタクが食レポから成分解析まで徹底的にレビューしていきます!!

 

【目次】

パルテノプレーン(はちみつ付)

f:id:salawab:20160418230752j:plain

 

まずははちみつソースをかけないでひと口。

すくってみるとわかるけど、かなりの重みがあります。

乳成分を濃縮する製法(後述)を取っているので、ゼラチンで固めただけのハードヨーグルトと比べると、さすがに濃厚感が違いますね。

 

はちみつをかけるとこんな感じ。

f:id:salawab:20160418230753j:plain

…うまそう

 

僕は普段は機能性ヨーグルトしか食べないので、こういうデザート感溢れるヨーグルトは新鮮なんですよ!

 

パルテノ(ブルーベリーソース入)

f:id:salawab:20160418230754j:plain

さっさと食べちゃいたいところですが、その前にブルーベリーソースをご開封。

開けてみると、ぱっと見プレーンヨーグルトでした。うっすらと紫がかってるけど、よく見ないとわからないです。

 

ですが、すくってみると…

f:id:salawab:20160418230755j:plain

底から出てきた!

 

濃いめのパープルですが、ブルーベリー本来の色よりもちょっと薄い。

かなり甘めのソースでしたし、糖類などの他成分も影響してるのかな 

 

パルテノには『ソース別添タイプ』と、ブルーベリーのような『ソース入りタイプ』があります。

別添で後からかけるのが、はちみつラズベリーカシスグラッセブラッドオレンジの4種。

ソース入りが、ブルーベリーキウイの2種です。もちろんプレーンもあるよ!

 

風味評価まとめ

※明治ブルガリアヨーグルトの各指標を3(目安)として評価しています。

 

f:id:salawab:20160419204649j:plain

はちみつの方はこんな感じです!

まず、何もかけない状態で食べたんですけど、僕は濃厚さを勘違いしてました。味じゃないんですね。

確かに乳成分が濃縮されている風味はありますが、味よりも舌触りや口の中に広がる感じがすごい。

スプーンですくって口に入れると、まるで体積が増えたかのように広がって『おぉ…!』ってなります。

個人的に食感はクリームチーズに近いと感じました。

 

かなり酸味は控えめ。プレーンヨーグルトにしては酸っぱさをほとんど感じませんでした。

プレーンは濃厚すぎて、僕は舌から離れない感じが少し苦手かも…。

ただ、はちみつソースをかけると食感が一変します!

なめらかさが一気に上がって、濃厚だけど舌をスルッと抜ける感じがとても良い!

パルテノはソースありきで考えた方が良いかもしれません。

 

f:id:salawab:20160419204655j:plain

ブルーベリーソースはこんな感じ。

ブルーベリーの甘みはもちろんですが、フルーツソースというのもあって*1はちみつより酸味が強くなった印象。

ただ、元々のヨーグルトの酸味をかなり抑えているから、通常のヨーグルトよりはマイルドな酸味です。

はちみつ同様、濃厚なのに舌触りも良い感じ。ただ、さっぱり要素が入って濃厚感を1点下げました。

ブルーベリーの実はほとんど砕けて…というか、トロけてて、果実の食感はあまり感じられないですね。味を楽しむ感じかなぁ。

 

パルテノの原材料と乳酸菌

高級感があるのにヘルシー!

風味評価で『クリームチーズ』と形容しましたが、成分は全く異なります。

クリームチーズは乳脂肪がメインですが、こちらはヨーグルトなので乳たんぱくが高含有です。

 

100gあたりのカロリーで比較すると、クリームチーズが346kcal*2なのに対し、パルテノのプレーンヨーグルトは100kcalです。

コーポレートサイトのレシピにも書かれてますが、甘味無しのパルテノプレーンはサラダバケットなど、クリームチーズの代替になるヘルシーな食材としても使えますね!!

 

水切り製法?

生乳の乳成分は無脂乳固形分が約8.3%で、乳脂肪が約3.5%です。

乳成分に関しては以下の記事に詳しく書いていますよ!

 

対して、パルテノプレーン(はちみつ添加前)の乳成分は、無脂乳固形分が14.4%で、乳脂肪が4.5%です。

無脂乳固形分は1.7倍乳脂肪は1.3倍に濃縮されてますね。

 

脱脂粉乳でカサ増ししてるのかな?と思ったら、どうやら『水切り製法』によって乳成分の濃縮をしている様子。

 

ちなみに『ホエイ』って知ってます?乳清とも言いますね。

ヨーグルトを放置してると出てくる水分のことです。

f:id:salawab:20160419212401j:plain

引用:ヨーグルトの上澄み液「乳清(ホエイ)」でコットンパック : 食べ物で“美白”になれるスキンケア - NAVER まとめ

 

ヨーグルトは酸性ですが、ふつう酸性だと牛乳中の水分が分離するんですな。

パルテノの『水切り製法』では、このホエイを一部除去することによって、ヨーグルトの乳成分をそのまま濃縮しています。

脱脂粉乳などの素材に頼らない自然な濃縮ってわけですな!

脱脂粉乳も入れすぎると塩味が出てきたり、単純にミルクの風味を強めるだけじゃないですからねー…扱いが結構難しいのです。

 

食品メーカーの中の人視点では、こんな面倒くさい工程入れると人件費とか原価上がるだろうなーって思ってしまいます…

まぁ実際高い。

 

乳酸菌の種類はメジャーな2種類

さて、乳酸菌種ですが、パルテノでは

  • S・サーモフィラス
  • L・ブルガリカス(ブルガリア菌) 

という2種の菌を使っています。

 

使っていますと言っても、この2種はヨーグルトの基本となる2種ですので、特別な菌は使ってないですね。

 

もちろん、ヨーグルトの基本的な健康効果は期待できますが、あくまでも嗜好性ヨーグルトなので、キーポイントは『味』でしょう。

 

食べてみて、濃厚じゃなく『濃密』って言っている意味がわかりましたね。

口に含めると、乳成分の密度の高さがこれでもか!ってくらい感じられます。

 

ご褒美が欲しい時の高級ヨーグルトとしては良いっすねー!

セレブ向けの食材としても使えます!

 

 

 

ちょっと贅沢したいヨーグルト好きの人向けですね!

濃密なヨーグルト。たまにはセレブに菌活なんてのも良いかもしれません!

それでは。

 

みるおか

*1:果物の水溶液は基本的に酸性

*2:日本食品標準成文表より