読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ふるさと納税サイト『さとふる』でふるさと納税に初挑戦!超簡単なふるさと納税の仕組みと流れについて調べてみた。

日常
スポンサーリンク

 

f:id:salawab:20161227215915j:plain

最近どんどん利用する人が増えてきている『ふるさと納税』

好きな地域に納税できる…

お得に高級なお礼品が貰える…

などなど、良い話ばかり聞こえてきますね。
僕自身興味があったものの、ふるさと納税の事をあまり調べておらず、手を出し損ねていました。
しかし、納税期限は該当年度の12月31日まで!
本業以外でささやかながら副収入を頂く機会も増えたので、税金のお勉強ついでに初挑戦してみました。

最初は『納税』という単語からややこしい手続きを想像していたのですが、めちゃくちゃ簡単なんですねコレ!
利用したのはふるさと納税サイト大手の『さとふる』です。

【さとふる公式サイト】 WEBでふるさと納税!さとふる

今回は、ふるさと納税について調べながら、簡単に『さとふる』の利用レポをしていきたいと思います。

【目次】 

ふるさと納税とは

ふるさと納税の流れ

f:id:salawab:20161227234242j:plain

ふるさと納税について簡単に解説するとこんな感じ!

お金を稼いでいる人は、その年の所得を税務署に申告しなければいけません。
いわゆる確定申告ですね。会社員は会社に任せれば良いのですが、副収入があったり、フリーランスで働く人は自分で確定申告をしなければいけません。
確定申告した収入額に応じて、自分の住む自治体に支払う翌年の住民税等の額がきまります。

さて、その年12月31日までに『さとふる』などのふるさと納税サービスを利用すると、自分が住んでいる自治体以外の地域にも『寄付金』という形で納税することができるのです。

『応援したい地域がある』

『せっかくなら地元に貢献したい』

ふるさと納税を利用する理由は様々です。

この『ふるさと納税』は、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から(原則)全額が控除される制度なのです。
控除上限は、所得や家族構成によって異なりますが、例えば50,000円のふるさと納税を行うと、48,000円が所得税と住民税から控除される計算となります。
税金の一部を別の地域に収めて、確定申告後に戻ってくるというのが基本的な考え方です。

実質2,000円の自己負担で高級食材やガジェット等が手に入るとも言えるので、最近は『お礼の品』を目当てにしてふるさと納税する人も多いようですね。

 

そもそも控除って?

f:id:salawab:20161228000148j:plain

『控除』ってなんやねんって話ですが、所得や税額から一定額を差し引くことです(受け売り)。
既述の通り、ふるさと納税では、寄付金から2000円を引いた額が所得税の還付、または住民税の減額という形で戻ってきます。
寄付金には上限があり、一般的に年収300万の一人暮らしの方だと、約30,000円の控除が可能となります。年収に応じて控除上限も上がっていきます。
扶養人数などによって控除額は変わってくるので、まずはシミュレーションしてみて、自分が何円までふるさと納税できるのか調べてみましょう。
『さとふる』では簡単シミュレーションツールも用意されています!

 

ふるさと納税ってお得なの?

f:id:salawab:20161228003648j:plain

控除上限額の範囲でふるさと納税し、しっかり確定申告すれば、ふるさと納税の寄付金マイナス2,000円は必ず戻ってきます。
このままでは2,000円分は損じゃないか…という話ですが、ふるさと納税を受け付けている自治体の多くは『お礼の品』として様々なアイテムを送ってくれます。
このお礼の品が2,000円より高ければお得という計算になりますね。
『実質2,000円!』という言葉が飛び交うのはこのためです。
寄付金という概念から言えばどうなの…?と感じなくもないですが…。

お礼の品には、乳製品やお肉、海鮮食材からタブレットや雑貨まで様々です。
さとふるでは、地域別、お礼の品別に検索できるので、一度どんなアイテムが貰えるか見てみると良いでしょう。
いざ探してみるとワクワクしてきますよw

 

さとふるを使って納税してみた

さて、ふるさと納税について超ざっくり解説したところで、実際に『さとふる』を使っていきましょう!
とはいえ使い方なんて無いようなもの。

利用登録して、商品を探して、お金を払う…

Amazonや楽天で買い物するのと何ら変わらない流れです。
本当に簡単ですよ。

利用登録

f:id:salawab:20161228010551j:plain

さとふるのトップページに飛ぶと、会員登録画面があります。
特に特別な入力項目はなく、メールアドレスや氏名、住所、パスワードなどを入力すればOKです。
とはいえ、税金に関わることですので、氏名や住所は正しく住民票の通りに入力しましょう。

 

【お礼品】納税先を決めよう!

f:id:salawab:20161228074524p:plainトップ画面のグローバルメニューに、お礼品の検索画面があります。

人気ランキングはそのまま。ふるさと納税をしている人の多い順に自治体が並んでいます。
”お礼の品で探す”は、上の写真の通り、『肉』や『卵・乳製品』『旅行券』といったカテゴリごとに検索できるツールです。
応援したい自治体が決まっている人は『地域から探す』が手っ取り早いでしょう。

 

f:id:salawab:20161228074525p:plain

こんな感じで商品と寄付金額の一覧が表示されます。
あとは普通のネットショッピングと同じように支払い手続きを進めるだけです。
黒毛和牛1kgが実質2,000円ってヤバくねぇ…!?

僕はとりあえず人気ランキングに出てきた毛ガニを頼みました!10,000円!

超美味しい雑炊作ったので下の記事も是非ごらんください!

【関連記事もチェック】 超美味い『かに雑炊』のレシピ:毛ガニの殻と食べカスで作る節約料理が最高においしかった


もうすこし控除できそうなので、あとでまた探してみる予定です。
ふるさと納税は複数の自治体に納税可能ですよ!
後に送付される受領書だけ忘れないようにしましょう。確定申告の時に添付しなければお金が戻ってこなくなります…。

 

税金の用途も決められる

f:id:salawab:20161228074523p:plain

ふるさと納税はその名の通り税金ですので、自治体によってインフラや教育、福祉などに活用されます。
ふるさと納税では、手続き終了後に寄付金の用途を指定することができます。

『地元の福祉を少しでも充実させたい』

『祖母が住む地域のインフラを整えてほしい』

といったニーズに応えるためのシステムです。
普段、税金は『ただ納めるだけ』になっている感覚がありますが、いざこうやって使い道を指定できると、地域に貢献している実感ができますね。
(ちゃんと使われるかは…ゲフンゲフン)

 

おわりに 

総務省のデータを見てみると、2008の発足から、ふるさと納税の利用者は年々増えており*12014年時点でのふるさと納税適用者は約43万人となっています*2

地方自治体の負担が増えるなど、問題点は残っていますが、納税の柔軟性が増え、利用方法によってはお得な特典ももらえるなど、メリットの大きいシステムです。
税金という立ち位置なので、お礼品競争みたいになってしまうのは考え物ですが…。
財政を改善するため、各自治体が活発に動いているのは確かです。

まずは一度試してみてはいかがでしょうか?
僕も毛ガニ…もとい、他に納税したい地域があるか探してみる予定です。
それでは!