読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

友達100人以上作ったけど、最後に残ったのは最初の4人だけだった

コラム
スポンサーリンク

『ともだち100人できるかな』

 

 

……

 

…僕は大学時代、それなりに『リア充』やってたんですよ。

 

スポーツ系と文科系のサークル2つに入り、ファミレスのキッチンで4年間バイト、塾講師も少しだけやりました。

人並みに女の子と付き合い、ファッション雑誌を読みふけり、スナップ写真を撮られたことも1回だけあります。原宿GAP前に通ったんだよな。

最終的に大学院まで行きましたが、学部時代にはインターンにも参加しました。短期留学もしたりして、TOEICも当時で800は超えました。

院に進んでからは、徹夜で研究しつつ、合間を縫ってカラオケ、ボーリング、飲み会…

 

思い返すと『よく頑張ってたなぁ』なんて。いろんな意味でね。

 

結果、僕のプライベートSNS…Facebookとmixiは数百人『友人』がいます。

ほとんどの人は実際に会って遊んだり、飲んだりした人たち。

 

ただ、社会人になって数年が経ち、今でもやり取りがあるのは、ほんのわずか…

 

出張で各地に行けば近くの旧友を誘ったり、同窓会があれば当時のように仲良く話します。

 

しかし、本当に定期的に会っているのは、小学校からの友人4人だけになってしまいました。

 

『ともだち100人できるかな』

 

小学生の頃、こんな歌を歌いましたね。

最近の子は知らないんでしょうか。

 

今日は『友達』 についての話。

あなたの『友達』はどんな人でしょうか。

あなたは『友達』に何を求めているでしょうか。

 

【目次】

 

プロローグ:旧友のはなし

f:id:salawab:20160320234135j:plain

僕が地元(東京)に戻った時に大体誘うのが以下の4人。

 

外資系の証券会社に勤める T

フリーランスのWEBデザイナーのS

そこそこな人気美容師で唯一の既婚者の H

そしてニートでチェリーのN

 

ここに、日系企業でまったり過ごす僕が入ります。

つっても僕もアラサーで3社目。

みんな主流なサラリーマンからは外れた人間達。

なんかもう異質な集団になっています。

全員中学校が同じで、転校してきたN以外は小学校も同じでした。

 

5人の共通点は正直何も無かったのですが、強いて言えば『集団で群れるのが嫌い』『お笑い好き』な事。

 

高校時代、全員で初日の出を見に行った時に、高尾山*1の頂上で、

 

『ツッコミ役 T のOKが出るまで、山頂にある物だけでモノボケ(ご褒美はあったか〜いお茶)』

 

という芸人ばりの追い込みをしていました。極寒の中で。

今では良い思い出です。

モノボケが極端に苦手な僕はいつも最後ですが…

 

受験勉強をしながら、『バナナマン』のコントをひたすら研究してた時もあります。

芸人なんて目指してなかったですが、全ては、この4人に笑いで勝つために。

 

そんなこんな、素人の遊びレベルですが、『笑い』に貪欲に育っていきました。

 

異質な集団で育ったコミュニケーション能力

f:id:salawab:20160320234132j:plain

大学に進み、僕はサークルやバイトなど色んなコミュニティーに顔を出すようになりました。

気づけば、僕はいつの間にか笑いを取る人担当に。

地元では『笑いの取れない』僕が、別のコミュニティーではバリバリ通用しました。

 

その辺の大学生なんて、

  • 真剣な顔して下らない事を言う
  • ちょっと斜め上のモノに何かを例えてみる

なんて基本的なテクニックを駆使すれば、ある程度面白い奴になれます。

 

当時の僕は、客観的に見れば『コミュニケーション能力があるユニークな人間』だったと思います。

地元に戻れば『つまらないキャラ』『笑いの機転が利かないキャラ』なままなんですけどね。

アラサーになった今でも。

 

そんなこんなで、僕はその勢いのまま、様々なコミュニティーで様々な人に出会い、幅広い交友関係を築いていきました。

 

『キャラ作り』は悪ではない

f:id:salawab:20160321002311p:plain

様々なコミュニティーにいると、様々な人間に出会います。

 

思い返せば、色んなキャラクターの僕がいました。

 

大学院では研究肌の僕。

サークルでは下ネタばかりで騒ぐ僕。

バイトではリーダーっぽい僕。

 

知らず知らずのうちに、僕はその場に合ったキャラに…

というより、僕は、そのコミュニティーで過ごしやすいキャラクターに寄せていく性格なんですよね。

 

『キャラ作り』をしてるつもりはないのですが…。

 

僕は、どこでも自然な自分でいたつもりなんです。

 

何か戦略のある『キャラ作り』ではなく、自分がそのコミュニティで過ごしやすい姿でいただけ。

 

自分の中にある様々な自分の中から、そのコミュニティに合った自分を探し出して、表に持ってくる。

 

こんなイメージです。 

 

『刺激のある友達』と『刺激のない友達』

f:id:salawab:20160321001157j:plain

こんな感じで、僕は人付き合いに関しては、ある程度『柔軟性』を持った人間だと思っています。

 

その甲斐あってか、僕が所属したコミュニティー、数百人との『友人』達との出会いから、様々な『刺激』を貰いました。

 

僕はたまに『価値観でブン殴られる』という表現を使うのですが、まさにそんな感じ。

 

起業しようとする人や、大企業に行く人、海外の大学院に行く人、反対に全然学校に来ないで遊んでばかりの人、夢を追うフリーター…

 

様々な出会いは間違いなく僕を成長させてくれました。

 

ただ、現在でも交流が続く4人が彼らと異なるのは、この『刺激』なのです。

彼らとの間には、全く刺激が無いのです。

 

彼らも、僕の本質も、基本的には、

『他人の一挙手一投足に興味無し』

『合わないものはしょうがない』

『来るものは選ぶけど、去る者追わず』

な人間なんです。

言ってしまえば『ドライ』な人間たちの集まり。

 

どれくらいドライかというと、この間、ニートのN5年ぶりに年末年始の集まりに顔を出したんですね。

親からの指令でバイトを始めたそうです。それで引きこもりを脱出したとか。

 

Nが現世に戻ってきた情報を聞いたので、僕は美容師のHとともにサプライズでNを連れてったのですが、残りの2人は…

 

『えっ!?おぉ…え、なんで?まぁいいや。どうする?どこの店行く?』

 

こんな集団です。

連絡が全く取れず、死亡説まで出た友人なのに。

 

仲は良いんですよ。

この時も、5年前と同じ雰囲気で、クソみたいな話が続きました。

 

こんな『何の刺激も無い』関係が、とても心地が良いのです。

 

大人になると『落ち着く人』を求めるようなる

f:id:salawab:20160320234133j:plain

『恋人と結婚相手は違う人が良い』

なんて言いますよね。

僕は未婚なので良くわかりませんが。

 

人それぞれでしょうが、これも刺激のある恋人と、落ち着きのある結婚相手…ということでしょうか。

 

正直、今でも20歳前後で出会った数百人の友人達に、ネガティブな印象は全く無いのですが、結局『刺激のない』旧友の下に落ち着いてしまった感覚です。

 

今でも『刺激のある』交流はウェルカムです。

そういった交友関係も続けていきたいと思います。

ただ、それはあくまでも『非日常』を楽しむ感覚に近いかもしれませんね。

 

その『非日常』だけで人間関係が構築され、いつの間にかそれが『日常』になってしまうと、少し息切れしてしまう。

 

緩急の効いた人間関係が、僕にとってベストなのかもしれません。

 

 

そういえば、僕もブログを始めて『オフ会』というものに参加する予定がポツポツと出てきました。

どんな『非日常』が待っているのか…

 

楽しんでいきたいですね。

 

 

 

みるおか

*1:西東京にある山

スポンサーリンク