読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【ポケモンSM】図解で簡単!4Vメタモン厳選方法まとめ【サン・ムーン攻略】

アプリ・ゲーム
スポンサーリンク

f:id:salawab:20161122010505j:plain

ポケットモンスターサン・ムーンでは、難易度が上がったストーリー攻略が話題ですが、厳選・育成環境も大きく変わっています。
孵化作業では、メタモンあかいいとかわらずのいしのルールは変わりません。しかし、メタモンの捕獲や育成作業が、第六世代(XY・ORAS)から少し変化しました。

ポケバンク解放とともに旧作からメタモンやバトル用ポケモンを連れてくる方も多いかと思いますが、今作から始めた人などは、メタモンを新たに捕獲しないといけません。

そこで『簡単なメタモンの厳選方法』について解説していこうと思います。
なお、以下の内容はすでに同様の方法で厳選を進めている人も多いメジャーな方法です。この記事では、私のプレイ画像とともに順を追って説明していきます。

ちなみに、僕は以下の作業をゼロから始めて40分程度で4Vメタモンをゲットしました!

【目次】

スポンサーリンク
 

なかま乱入での厳選について

f:id:salawab:20161121235128j:plain

今作で導入された新システム『乱入』が厳選の鍵です。

野生ポケモンはランダムで助けを呼び、(基本的に)同種のポケモンが乱入してきて1対2の状況になることがあります。
この乱入回数が増えるほど、高個体値や隠れ特性のポケモンが出現しやすくなります。

30匹目以上から4Vのポケモンが出現している人が多いようですが、詳細な条件がわかり次第、追記いたします。
ちなみに僕は乱入31匹目のメタモンで、HACSの4Vを捕獲しました。ちなみにDもUとなっており、かなり運が良かったです(^p^)
なお、25匹目で夢特性メタモンを確認済みです。

f:id:salawab:20161121235800j:plain

乱入と孵化厳選、育成については以下の記事で詳しく解説しています。
是非参考にしてください。

【関連記事をチェック!】【ポケモンSM】孵化厳選の方法まとめ:孵化場所、必要なアイテムやポケモンなど

【関連記事をチェック!】【ポケモンSM】出現ポケモンの努力値一覧表【サンムーン努力値稼ぎおすすめスポット】

それでは、乱入厳選の方法を解説していきます!

 

捕獲用ポケモン&アイテム

必須:みねうちニューラ(またはアブソル)

f:id:salawab:20161122000048j:plain

相手のHPが低いほど乱入の確率は高くなります。
そのため、攻撃しても必ずHP1が残る『みねうち』が有効です。
定番のポケモンはニューラです。ラナキラマウンテンで出現します。
Lv48前後と高く、『かわらわり』があれば、メタモンをほぼ1発で倒せます。『だましうち』でもかまいません。
かわらわりは技マシンで取得可能です。だましうちは低レベルで覚える技なので思い出させて下さい。

残りの2枠は、時間稼ぎのために、自分と相手にダメージやデメリットがない技を選びます。
僕は『リフレクター』と、特攻を下げる『ないしょばなし』を選びました。状態異常含め、相手と自分にダメージを与えない技ならオーケーです。

ちなみにアブソルもみねうちを覚えるので同じ役割が可能です。他の技(とどめ用、時間稼ぎ用)は調整してください。

便利:リサイクルヤブクロン&すりかえペルシアン

f:id:salawab:20161122000514j:plain

f:id:salawab:20161122000537j:plain

ニューラだけでも厳選は進められますが、メタモンがニューラに変身すると『かわらわり』でダメージを受けてしまいます。
そこで、あるコンボを使います。

メタモンは必ず『ヤブクロン』に変身させます。
ヤブクロンは技が『リサイクル』のみの状態にしてください。
リサイクルは戦闘中に消費した持ち物を回復する技です。

また、PPを消費すると回復してくれる『ヒメリのみ』をもったペルシアンも必須です。ペルシアンの技構成はなんでも良いですが『すりかえ』が必須です。
すりかえは相手と自分の持ち物を入れ替えてしまう技です。

ヤブクロンは『マリエシティはずれのみさき』で捕まります。
絶対に特性が『あくしゅう』のポケモンをゲットしてください!
『ねんちゃく』の特性だとバトル中に持ち物を交換できないので、このコンセプトが成り立ちません。
リサイクルはラナキラマウンテンのポケモンセンターの女性に、ハートのウロコをあげて覚えましょう。ハートのウロコはコニコシティ&マリエシティのレストランで飯を食えば手に入ります。
他の技はハウオリシティのポケモンセンターで忘れてください。

ペルシアンの『すりかえ』はニャースを懐かせて進化させた後、同様の手順で思い出してください。ニャースは覚えません。
また、スリーパーもすりかえを覚えることができます。ペルシアン同様、進化後の思い出し技となっています。

便利:ビビリだま

終盤になると、ポケモンセンターのショップに『ビビリだま』というアイテムが販売されます。
ビビリだまは『仲間を呼びやすくする』アイテムなので、厳選が捗ります。
300円で買えますし、1回使えばその戦闘中は有効になります。

 

メタモンを捕獲する

図解:4Vメタモン捕獲手順

上記のポケモン、アイテムが揃ったら『ホクラニだけ』の草むらに行ってメタモンを探します。その後は以下の手順でメタモンを捕獲していきます。

 

①メタモンが出現したら、まず『ヤブクロン』に交代し、メタモンをヤブクロンに変身させます。

 

②敵のメタモンがヤブクロンに変身したら『ペルシアン』に交代し、『すりかえ』を打ちます。

f:id:salawab:20161122002337j:plain

初回でいきなりメタモンが仲間を呼んでしまい、図ではいきなり2匹となってしまいましたが、相手はリサイクルしか出来ないので問題ありません。

 

③すりかえにより、相手がヒメリの実を持っている状態になったら、『ニューラ』に交代します。

f:id:salawab:20161122002912j:plain

 

④ニューラに交代したら、ヒメリの実を持っているメタモンを『みねうち』で削ります。絶対に殺さないようにしてください。

 

⑤そうすると、メタモンは高頻度で仲間を呼ぶようになります。
仲間を呼ばない or 呼んでも来ない場合があるので、その場合は『ないしょばなし』などを打ち、新たなメタモンが来るまで時間稼ぎしてください。

 

⑥以降はひらすら乱入してきたメタモンを倒し続けます。
ニューラの『かわらわり』であれば変身する前に1発で倒せるはずです。
くれぐれもヒメリの実のメタモン(ヤブクロン変身中)を殺さないようにしてください!!
全てが台無しになります。

 

⑦変身したメタモンは全ての技のPPが5となります。
普通のポケモンに変身させると、この作業を繰り返すうちにPPが尽き、『わるあがき』を打つと同時に死んでしまいます。
そのため、定期的に新しいメタモンと入れ替えなければいけないのですが…

f:id:salawab:20161122003630j:plain

ヒメリの実持ちのヤブクロンメタモンは『リサイクル』を使えるため、半永久的に居残ることができます。
PPが尽きそうになったらヒメリの実でPPを回復し、次ターンで消費したヒメリの実を復活させます。
永久機関…考えた人は神様や…。

 

⑧30匹〜40匹ほどメタモンを倒したら、次に新たなメタモンを呼んだ時に『ヤブクロンのメタモン』を倒します。
僕は31匹目で2連続4Vが出ましたが、確定は45匹という説もあります。

メタモンを倒すポケモンは誰でも良いですが、ニューラを複数用意しておくと楽でしょう。
そして残ったメタモンを捕獲すれば高個体値のメタモンゲットです!

※最後にペルシアンで『すりかえ』すればヒメリの実を取り戻せます。とことん搾取されるメタモン…

 

まとめ

  1. 技がリサイクルだけのヤブクロンに変身させる。
  2. ペルシアンの『すりかえ』でヒメリの実を渡す。
  3. ニューラなどの『みねうち』でHPを削る。
  4. 隙を見てビビリだまで乱入を促進する。
  5. 乱入したメタモンを倒し続ける。
  6. 目標の撃破数に到達したら、仲間がいる状態で最初のメタモンを倒す。
  7. 最後に乱入したメタモンを捕まえる。

以上です。

この方法であれば、メタモンのPP切れや、仲間ポケモンのダメージを気にすることなく、乱入数を稼ぐことができますね。
作業的に4Vメタモンが量産できるので、ポケモン育成も捗りますね!

4Vメタモンは交換でも人気があるので、GTSなどに流せば強力なポケモンを入手できるかもしれません。

【関連記事もチェック!】【ポケモンSM】フェスサークルの使い方まとめ!ポケモン交換、GTS、アトラクション等を遊びつくそう!

 

おわりに

今回は高個体値のメタモンがわりと楽に手に入ります。
メタモンに限らず、旅パやバトルツリー要員などであれば、孵化よりも乱入による厳選がお手軽でしょう。

メタモンをゲットするよりも、バトルツリーでパワー系アイテムやあかいいとを集める方が大変かもしれません…。
サン・ムーンは本当にストーリー中に出てくる敵が強い…(切実)

あ、特性が『ものひろい』のニャースならあかいいとを拾ってくる可能性もありますね!旅パに1匹入れておいても良いでしょう笑

それでは、バトルに強いポケモンをどんどん育てていきましょう!

 

【その他のポケモン記事はコチラ!】