読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

妄想が行き過ぎて、とうとうレアルマドリードに移籍してしまった。

日常
スポンサーリンク

みるおかは海外サッカー大好き人間でございます。

あ、代表戦もJリーグも見ますよ。ガンバ大阪の年間チケット持ってたこともありますし。

クラブワールドカップで、ガンバ大阪 VS マンチェスター・Uも観戦しに行きました。生ロナウド(全然守備しねぇ)、生ルーニー観戦済みです!

 

国内サッカーも好きだけど…やっぱあの海外サッカーの派手な感じ、サイコーだね。

2015ー2016シーズンももちろんチェックしてます。

 

バルサのMSN(メッシ、スアレス、ネイマール)は間違いなく最強なんだけど、リーガエスパニョーラだと僕はレアル派。あの金満で悪役上等な感じがたまらん。

 

プレミアだとリバプール一筋!

一筋つっても、見始めたのは、10年位前からなんですけど。

わかる人は、わかるかな?あのイスタンブールの奇跡ね!!!

初めて見たチャンピオンズリーグの試合が2004ー2005の決勝なんです。

 

前半ミランに3失点し、絶体絶命。しかし後半途中、数分間で怒涛の3得点で追いつき、延長、PKへ。デュデクのスーパーセーブ連発で奇跡を起こしたあの試合…

あの試合以来、リバプールの大ファンです…。

 

 

はぁ…

 

僕もあんな風にプレーできたらサイコーだろうなぁ…

 

 

ですが!

www.recomtank.com

 

 

僕は!超!運動音痴!!

(というより球技音痴。バスケと卓球はできるけど…。)

 

f:id:salawab:20151220144302j:plain

 

サッカーはかなり苦手な部類に入るスポーツ。

体育レヴェルですら、 『お前と同じチームになりたくない』と言われ続けた人間です。リフティングすらまともにできねぇ。

 

でもなぁ…

 

 

カッコイイなぁ…

 

 

あんなプレーできたら気持ちいいだろうなぁ…

 

 

運動音痴…

でも海外サッカーは僕に刺激を与え続ける…

メッシとか18歳からバルサのトップチームでプレーしてるもんなぁ…

 

18歳かぁ…

 

18歳…

 

 2005ー2006 アーセナル下部組織から昇格

僕のキャリアはアーセナルの下部組織からスタートし、この年に昇格しました!

ちなみに同い年のライバルはセスク・ファブレガス

彼は、バルサ出戻りを経て、2015ー2016シーズンはチェルシーにいますね。

バルサの下部組織から移籍してきたセスクが、早々にレギュラーで活躍するのを横目に、僕はベンチとベンチ外を行き来してました…。

そんなこともあってセスクとはあんまり仲良くなかったです。

 

ちなみに僕のポジションは、センターハーフ、トップ下がメインで、右サイドもこなせるマルチロール。

セットプレーが得意で、カーブ、無回転FKで直接狙うこともあるよ!

ボールキープはできるものの、攻めるドリブルが苦手。パスで局面を打開していきます。

残念ながら、フィジカルに難があって、プレミアリーグでは持ち味を出せず苦戦。

 

『アーセナルは偉大なクラブだ。でも僕は試合に出る必要がある。』

 

19歳、昇格1年でアーセナルを去ることになりました。

 

2006ー2009 ブンデスリーガへ移籍、チャンピオンズリーグ出場

アーセナルで苦汁を嘗めた僕は、ドイツ ブンデスリーガのブレーメンへ1年間の期限付き移籍をします。

ここではエースナンバーの『7』を背負い、得意なセンターハーフで自由を与えられたみるおかは躍動!

初年度から6得点11アシストの大活躍で、最優秀ヤングプレーヤーに選出。

 

『名誉な賞がもらえて嬉しいよ。でもチームメートに感謝しないとね。』

 

ブレーメンは、20歳の選手には異例である、18億円の移籍金で、買い取りオプションを行使。

翌年はチャンピオンズリーグにも出場し、決勝トーナメント ベスト16に進出。

トーナメント初戦では、チェルシーに惜しくも敗退するが、名手GKチェフが一歩動けなかった直接フリーキックは、大きなインパクトを残しました。

その後、3年間、ブンデスリーガの有力選手として活躍し、とうとうあのクラブが獲得に乗り出します。

 

2010ー2012 レアルマドリード

ブンデスリーガで最も市場価値の高い選手の一人だった僕を、強豪クラブたちが獲得に乗り出します。

当時、最も裕福なサッカークラブであったチェルシーは、史上最高金額の移籍金での獲得を試みるが、僕はプレミアリーグへの移籍を拒否しました。

 

『みるおかはアンタッチャブルだ。値段はついていない。』

ブレーメンのオーナーも”みるおかは非売品だ”とメディアに明言していました。

 

しかし、移籍期間最終日にビッグニュースが。

レアルマドリードへの電撃移籍が決まったのでした。

レアルマドリードは移籍金非公開(40〜50億と言われる)、3年契約を結ぶことを発表。

しかし、同年にはディ・マリアに加え、同じブンデスリーガからエジルケディラなどを獲得。

待っていたのは厳しいチーム内競争。

僕に与えられたのは、シャビ・アロンソのバックアッパーという立場でした。

 

『僕の理想のクラブ、ここに来られて嬉しいよ。』

 

入団時にそう語っていたみるおかは、わずかな出場機会で必死にアピールを試みます。

しかし最も出場機会を得た翌シーズンでも、リーグ戦では14試合の出場に留まる。

 

『苦しい状況には変わりないが、ベストを尽くす必要があるね。どうなるか見てみよう。』

 

結局、2012シーズンを最後に、僕は世界最高のクラブを退団することを決断します。

 

2013ー2015 リバプール 

レアルマドリードを退団した僕は、リバプールに加入し、プレミアリーグに復帰します。

プレミアリーグに戻ってきた僕は、アーセナル時代よりも成熟したプレースタイルですぐさま順応。

特に2013ー14シーズンでは、ルイス・スアレスへのパス供給役として、プレミアリーグ2位に大きく貢献。僕自身もキャリアハイとなるシーズン12得点をマークし、充実したシーズンを過ごします。

 

『アンフィールドの雰囲気は最高だね。サッカーをする喜びを取り戻している。』

 

再び輝きを取り戻…

 

 

 

みたいな妄想みんなするよね!?

 

え、ウソ、僕だけ?

 

samuraisoccer.doorblog.jp

 

オレは17歳で代表デビューして

W杯で6点決めて得点王になってレアルに移籍する妄想を毎晩する

 

いや、同じやついるじゃん。

サッカー見てるやつって大体こんなもんなんだって!

最終的にレアルマドリードに移籍するんだって。

 

ちなみに僕フリーキックが得意な設定になったけど、まず浮き球すらロクに蹴れないからね(ボールを蹴るといつもゴロになる)。

体育でもゴールよりオウンゴールの方が多いし。

 

 

はぁ…フットサルでもやってみようかなぁ…。

 

『おいアイツにボール回すな!』

 

『触んなくていい!触んなくていいから!』

 

そんなこと言わない優しい人たち、いつでもお誘い待ってます。

 

 

みるおか