読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

僕が半年足らずでTOEIC500点代から840点に上げた勉強法を徹底解説します。

英語・TOEIC
スポンサーリンク

f:id:salawab:20151216211405j:plain

 

TOEICは就活や大学院入試、昇進条件など、依然として有効なツールとなっています。
900点超えや満点を目指す人もいますが、様々な場所で優遇される基準となる700〜800点台を目標としている人が多いです。

僕は大学入学直後は500点台で、特に勉強することもなく、就活を前にして焦っていました。
しかし、半年間工夫して継続的に勉強することにより、TOEICのスコアを約300点アップできています。社会人になり900点も超え、英語は1つの武器となりました。 

今回は、TOEIC800という目標に向け、効率的に勉強していく方法を実体験を基に解説していきます。

 

【目次】

記事を読む前に

f:id:salawab:20151216183754j:plain
ざっくりと言ってしまうと、TOEICスコアアップの秘訣は

 

『30分でも良いから、ほぼ毎日欠かさずリスニング、リーディングを学習すること』

 

です。

どうでしょう。

 

一番大事なことで、ほとんどの人が出来てないことって、これなんですよ。

 

スコアが上がらない。
勉強法がわからない。
スピードラ◯ニング毎日通勤電車で聞いてるのに…

そもそもお前ら勉強してないやんけ!

 

って人ばかりです。
TOEICのスコアが上がらないと文句を言っている人に限って、たまに英単語帳を開くだけ、TOEICの本いっぱい買ってつまみ食いしただけ、直前に模試解いてみただけ…など、そもそも勉強していない人だったりします。

冒頭で書いた”毎日30分でも良いから、欠かさずリスニング、リーディングの勉強をする”を実践していれば、テクニックや勉強法は関係ありません。

500点台の人なら100点以上は絶対にスコアが上がります。

というわけで、 全く勉強しない人には、この記事は参考になりません!

楽して、勉強せずに、スコアだけ上げたい人は胡散臭い広告商材にでも手を出してください。
これらを前提に、TOEICで高得点を狙う勉強法を解説していきます!

リスニング”だけ”は絶対毎日やるべき

f:id:salawab:20151216183753j:plain
さて、”毎日30分でも良いから、欠かさずリスニング、リーディングの勉強をする”と書きましたが、予定が詰まってどうしても机に向かえない日があると思います。
そんなときは、リーディングの勉強はしなくていいです。

 聞くだけでもいいので5分か10分でもリスニングに取り組んでください。 

リスニングは一度聞き取れるようになると能力が落ちにくい分野です。
しかし、耳を鍛えてる最中の人間が訓練を中断してしまうと一気に能力が落ちてしまいます。

リスニングで400点をが軽く取れるくらいになるまでは、できるだけ毎日聞き取り能力を鍛えましょう

リスニングが350を超えてきたら、難易度を上げることをオススメします。

 

1冊、1文書、1単語を聴き込む

リスニングの勉強法ではこれがキーポイントです。

1周や2周テキストを解いただけでリスニング能力がアップしたと思っていませんか?

1つのテキストで良いので、5周はやってください。
半年間、1つのテキストだけで良いんです。

 

次のテキストに移るのは流れる英文を一文字残さず完全に聞き取れるようになってからです。
2周すれば答えを覚えるので正答率は90%を超えるでしょう。
そこで満足せずに。その後は、以下に意識して勉強してみてください。

"a"とか”the”まで全部聞き取れる??

ちょっと英文を書いてみます。 

 

My wife always makes me a meal, but I have to do it by myself c'cause she's gone on a trip.

ー私の妻はいつも料理を作ってくれますが、旅行に行ってしまったので、自分でやらなければなりません。

 

簡単な文章です。

こういった文章が出てきたときに、赤文字の部分まで完璧に聞き取れますか?  

 

まずは冠詞("a"や”the”)の聞き取りです。

同じ文章を聴き続け、こういった冠詞まで完璧に聞き取れるか試してください。政界文を見ながらでもかまいません。
流れの中で冠詞が出てくると最初は聞き取れないと思います。
特に"a"は前の単語と繋がることが多いので大変ですよ。

例えば、”get a 〜”なんて場合、”ゲット ア 〜”なんて発音してくれませんよね?
優しい問題で、”ゲッタ”、ハイレベルなテキストだと”ゲラ”なんて聞こえるかもしれません。

リスニングの勉強で大切なのは、テキストの正答率を上げることよりも、どの問題でも対応できる聞き取り能力を鍛えることです。
冠詞の聞き取りを鍛えれば、かなりリスニングのスキルは向上しますよ!

 

次が短縮形です。

私は例文で、'sとbecauseという2つの短縮形を書きました。

まず、'sですが、be動詞や現在完了(I'veなど)、助動詞(He'd (would)など)の短縮形は、流れの中で言われると非常に聞き取りにくいです。
また、冠詞と違い、時制に関わる部分なので、問題の正答率に直結します。

もう一つはbecause。
口語では'causeと読まれることが多いです。
正解文にはbecauseって書かれてるけど、beの発音が全く聞こえないことも少なくありません。
こういった口語ならではの言い回しも注意しましょう。

ここが聞き取れるようになると、リスニングで一つ上にいけますよ。

文法編:Forest最強

TOEICのPart1で頻出といえば、時制の一致と比較です。

英文法の勉強法は1つだけ。

Forestを解いてください。

TOEIC用の英文法なんてありますが、Forestで網羅できます。

Forestがなければ、高校レベルの文法書ならなんでもいいです。
そもそも、 TOEICの英文法なんて高校レベルなんですから、あれこれ迷わずに高校レベルの参考書を頑張れば良いのです。

石黒 昭博 桐原書店 2013-12
 

 

単語編:単語帳を使わない勉強法

f:id:salawab:20151216183755j:plain

単語の覚え方は人それぞれです。
単語帳で勉強するのが苦じゃないなら、単語帳を使えば良いと思います。

僕は単語帳でひたすら勉強できる人を尊敬しますよ。
僕は単語だけをひたすら勉強するのが苦痛で仕方ないので、テキストで出てきたわからない単語だけ暗記することにしています。
その代わり、テキストで出てきたわからない単語は、リーディング、リスニング問わず完璧にしています。
流れの中で覚えた方が、使い方もわかります。
一般的なTOEIC問題集2冊分くらいに出てくる単語を完璧にすれば、普通の単語帳1冊分くらいの単語力はつきますよ!

長文読解編:時間制限を設けた勉強

長文読解はこなした問題数にスコアが比例します。
重要なのは時間感覚です。1問1分以内で解くことを心がけてください。
リーディングの制限時間75分で全部解くことを考えると、これくらいのスピード感が必要です。

時間を計りながら、5問の長文なら5分で、3問の長文なら3分で読む&解く練習をしましょう。
時間を過ぎたら次の問題に移るくらいの強制力で追い込みましょう。

TOEICのスコアアップに必要なのは、 単語力・文法力よりも速読力です。

 

模擬試験の解き方

f:id:salawab:20151216183843j:plain

1日、短時間でもコツコツやることがTOEICの勉強には大切ですが… 模試を解くときだけはなるべく通してにやりましょう。
試験の感覚を身につけることはものすごく大事です。
当日は2時間集中力を維持しなければいけないことを忘れないでください。
単語力、文法力、速読力…と書きましたが、スタミナもTOEICに必要な能力です。

 

模試を解くとき、できればリスニング、リーディング一気に解きましょう。
無理ならリスニング(リーディング)だけ通して。
それも無理ならPartごとに区切ってでもOKです。
Partごとに区切るのが限度ですね。
問題をちょびちょび解くのは模試の解き方としては失格です。
答え合わせ、解説は翌日でもいいので、模試はできるだけ一気に解くようにしましょう。

 

おすすめの参考書

2016年5月以降の新形式対応のおすすめテキストは以下の記事にまとめています。

【必見!】新TOEICを完全対策!新発売のおすすめ問題集、参考書徹底レビュー!【新形式対応】

基本的にTOEICの参考書は

  • リスニング、リーディングの問題集と模試付きで、解説が充実しているか

  • 今の自分のレベルより少しだけ高い難易度

を基準にしてください。

新形式対応のテキストもどんどん出版されていますよ。

 

おわりに

さてさて、僕が半年でTOEIC550→840に上げた勉強法、いかがだったでしょうか。
正直、ひねりのない勉強法で期待外れだったかもしれません。

しかし『聞き流すだけ』や『ラクして』といった広告の勉強商材でTOEICスコアを上げられた人は見たことがありません。

ちょろっと勉強してスコアを上げられるなんて、よっぽどセンスのある人しか無理ですよ。コツコツ勉強するのが一番です。

コツコツと効率的に。

正しい勉強法でTOEICのスコアアップを目指しましょう!

 

*他のTOEIC攻略記事はこちら!*

みるおか