読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

TOEICリスニング必勝法:L450点を超えるための速聴トレーニング

英語・TOEIC
スポンサーリンク

TOEICの勉強を進めていると、あるところでスコアが頭打ちになってしまうことがあります。リスニングだと、多くの人が壁を感じるのが400点前後。

ここまでくると、基礎的な勉強法だとなかなかスコアアップが難しくなります。

そこで、今日はTOEICのリスニングに特化した勉強法を解説していきます。

リスニング スコア350を超えたら…

リスニングセクションのスコアが350以下の人は、基本的なリスニング能力を鍛えるのが先です。
以下の記事を参考にして下さい。

【TOEICの勉強法をチェック!】僕が半年でTOEIC550→840に上げた勉強法を解説!

リスニングのスコアが400点前後になると、TOEICの会話文くらいなら大体聞き取れるはずです。
そうなると、これまで通りの学習法では、スコアが頭打ちになってしまいます。
この段階になると、負荷を上げたリスニングのトレーニングが必要になります。
壁に当たる”というやつですね。

ちなみに僕はTOEICスコア500から800までは1年足らずで伸ばせましたが、そこから900を超えるまで2年以上かかりました…。

 

本題に戻り、ここまできたら TOEICレベルを超えたトレーニングが必要になってきます。

 

1.2倍速の速聴トレーニングが最適!!

f:id:salawab:20151216230114j:plain

”TOEICのレベルを超えたトレーニング”と言っても、ネイティブのニュース番組などに手を出してはいけません。
聞いてみると分かりますが、ネイティブの発音はTOEICとはレベルが違います。
大切なのは、TOEICよりちょっとだけ難しいレベルで学習することです。

僕がリスニングスコア450の壁を超えるポイントは『TOEICの音源を1.2倍速にして学習すること』です。

この1.2倍速というのがベストな速さなのです。
聞き取れないほど速くはないが、 TOEIC本番と比べると顕著に速い。
ちょうど良い負荷でリスニング能力を鍛えられます。

僕はTOEICのテキストを購入したら、まずCDの全てのトラックを1.2倍速に編集し直します。
問題文や、次の問題までの間隔も速くなるので、解答スピードの向上にもつながります。
  

TOEICのリスニングが”遅くてストレス”に!?

1.2倍速に慣れて本番を迎えると、リスニングが始まった瞬間に、『(遅っ!)』って間隔を味わえます笑
問題文の音読なんて、もはや遅すぎてストレスですよ! 
正直、1.2倍速トレーニングに慣れると”TOEICの会話が聞き取れない”ってことはなくなります。
『聞き取れるけど単語の意味がわからない』とか『イギリス英語のニュアンスが少し聞き取りづらかった』とかのレベルになります。
これくらいのレベルになるって初めて、リスニングスコア450が見えてきます。

 

PC用音声編集ソフト『Audacity』

僕がTOEICの速聴トレーニングに使用しているAudacityという人気フリーソフトについて解説します。

他に音楽ファイルの編集ソフトでもいいのですが、必要な機能は、

  1. 音楽ファイルを開き、ピッチを変えずにテンポを変更できる。

  2. テンポを変えた音源を、MP3などの音楽ファイルとして保存できる。

  3. 複数の音源を一気に編集できる。

の3つです。Audacityは全てを満たしMacもWindowsも対応しています。

なお、Audacityには、様々な音声編集ツールが含まれていますが、ここでは、 ”複数の音楽ファイルを1.2倍速にして、保存し直す” ためだけの操作について説明します。

 

①Audacityのダウンロード

Audacityのダウンロードページはこちらです。

リンク:Audacity ダウンロードページ

このページから、各々のOSに合ったAudacityをダウンロードしてください。  

 

②Audacityの起動

f:id:salawab:20151216230057p:plain
ダウンロードすると、写真のようなフォルダが作成されます。
ヘッドホンのアイコンをクリックして起動しましょう。

 

f:id:salawab:20151216230058p:plain
図のような編集画面が立ち上がります。

 

③チェインの編集

f:id:salawab:20151216230059p:plain
立ち上げたら、”ファイル”をクリックし、”チェインを編集”を選択します。
チェインとは、音源に対する編集動作を事前に登録し、プログラム化する動作になります。

ここでは、

  1. テンポを変更する

  2. MP3に変換して保存する

のプログラムを作成します。

 

f:id:salawab:20151216230100p:plain
チェインの編集を選択すると、上のような画面が出ます。
ここでは左下の”追加”をクリックして、新しいチェイン、すなわち編集プログラムを作成しましょう。

 

f:id:salawab:20151216230101p:plain
チェインの名前は何でも良いです。わかりやすいものに。

 

f:id:salawab:20151216230103p:plain
中央下の”挿入”を押すと、プログラムの選択画面が出ます。
ここでは、ChangeTempoを選択します。
紛らわしいですが、ChangeSpeedは選択しないでください。
ChangeSpeedだとテンポ(速さ)に加えてピッチ(音の高低)も変わってしまいます。

 

f:id:salawab:20151216230102p:plain
編集パラメータを選択して、テンポの変更率を+20%に設定してください。
これで1.2倍速のプログラムになります。 OKを選択して終了になります。

 

 f:id:salawab:20151216230104p:plain
次は、速度を変えたファイルをMP3に変換するプログラムです。
先ほどと同様に、挿入を選択し、ExportMP3を選択して、今度はパラメータをいじらずにOKを押してください。

 

  f:id:salawab:20151216230105p:plain
すると、上のような画面になり、チェインのプログラムが完成されます。
上から、ChangeTempo、ExportMP3の順になっていることを確認してください。
順番が違ったら”上へ”と”下へ”のボタンで調整しましょう。
OKを押したら、あとは音楽ファイルを編集するだけです!

 

音楽ファイルの編集−チェインの適用−

f:id:salawab:20151216230106p:plain
編集画面に戻ったら、今度は”ファイル”から”チェインを適用”を選択してください。

 

 f:id:salawab:20151216230107p:plain
先ほど作成した速聴用のチェインを選択し、”ファイルへ適用”を選択してください。

 

f:id:salawab:20151216230108p:plain
ファイルの選択画面が出ます。
編集したいTOEICの音源を、SHIFTキーで一気に選択しましょう。
※何十個も一気に編集するとたまにAudacityが落ちます。10曲ずつがオススメ。


 f:id:salawab:20151216230109p:plain
一気に音源が編集され、保存されていきます。
一回速聴用のチェインを作成してしまえばどの音源にも使えるので、テキストを変えても適用できます。便利ですね。

 

f:id:salawab:20151216230110p:plain

f:id:salawab:20151216230111p:plain
編集が終わったら、音楽ファイルが格納されているフォルダに、新しく”cleaned”というファイルができます。
1.2倍速に変更した音源はここに保存されています。

 

MP3変換ソフト”lame”が必要だと言われたら…

PCによっては、ExportMP3のチェイン適用に”lame”というアプリが必要だとメッセージが出るかもしれません。
その場合は、以下の URLからインストールしてください。

リンク:lameのダウンロードページ

ここからMac用、Windows用のMP3エンコーダ lameをダウンロードし、PCにインストールすると、ExportMP3が適用できるようになります。  

 

おわりに

TOEICリスニングセクションの勉強法と、おすすめアプリの紹介でした。
実は、Audacityを使う前は、Windowsで聞々ハヤえもんというソフトを使ってたのですが、こちらはMacでは使えず…。
なんか良い編集アプリないかな…と思って見つけたのがAudacityでした。

 

それでは、皆さんも1.2倍速聴トレーニングを実践して、TOEICリスニング満点目指しましょう!!

 

*TOEIC攻略記事はこちら!* 

【必見】新TOEICを完全対策!新発売のおすすめ問題集、参考書徹底レビュー!【新形式対応】

【おすすめ】僕がTOEIC900点の壁を越えた勉強法を徹底解説!

TOEIC500点台の僕が60日で745点になった勉強法を徹底解説!

900点は役立つ?役立たず?実体験から『TOEIC不要論』を考える

TOEIC出題形式変更!内容から対策までを徹底解説!

みるおか